効果的な災害情報伝達方法の検討

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/fcu/metadata/12062
ファイル
タイトル
効果的な災害情報伝達方法の検討
別タイトル
A Study on Eff ective Methods for Disaster Information Notifi cation
著者
氏名 石尾 広武
ヨミ イシオ ヒロム
別名 ISHIO Hiromu
氏名 福田 正己
ヨミ フクダ マサミ
別名 FUKUDA Masami
氏名 堤 行彦
ヨミ ツツミ ユキヒコ
別名 TSUTSUMI Yukihiko
氏名 澤田 結基
ヨミ サワダ ユウキ
別名 SAWADA Yuki
キーワード
災害情報伝達
情報弱者
コミュニティFM放送
Lアラート(公共情報コモンズ)
緊急速報
メール
disaster information notification
information illiterate
community-based FM broadcast
L-Alert (Public Information Commons)
emergency alert email
抄録

災害に関わる情報を地域住民に早く分かり易く伝えることは,自治体の重要な防災対策の一つである.そこで本研究では,情報弱者を含む地域住民へより効果的に災害情報を伝える方法について,他市の事例も参考にしながら検討を行った.自治体や町内会,コミュニティFM放送局への聞き取り調査によって,(ⅰ)Lアラート(公共情報コモンズ)の一層の活用,(ⅱ)緊急時のFM放送自動化,(ⅲ)緊急速報メールにおける自動読み上げソフト導入の重要性が明らかになった.

It is one of the important disaster-prevention measures of local governments that they notify local residents of disaster information as quickly and understandably as possible. In the study, referring to cases of some other cities, we considered more eff ective methods for disaster information notifi cation to local residents including information illiterates, i.e., those with inadequate access to information. By hearing investigations of local governments and neighborhood associations as well as community-based FM broadcast radio stations, we have found the importance of (i) enhanced use of L-Alert (Public Information Commons), (ii) automatization of FM broadcast in an emergency and (iii) introduction of automated reading out software of an emergency alert email sent to people in a specifi c area.

掲載雑誌名
都市経営 : 福山市立大学都市経営学部紀要 = Urban Management : Bulletin of the Faculty of Urban Management, Fukuyama City University
8
開始ページ
97
終了ページ
104
出版年月日
2015-12-25
出版者
福山市立大学都市経営学部
ISSN
2186-862x
NCID
AA12564315
責任DOI
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
区分
fcu