企業家志向性の構成概念と理論的基盤の検討

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/fcu/metadata/12085
ファイル
タイトル
企業家志向性の構成概念と理論的基盤の検討
別タイトル
Consideration on Dimensionality and Theoretical Basis for Entrepreneurial Orientation
著者
氏名 玉井 由樹
ヨミ タマイ ユキ
別名 TAMAI Yuki
キーワード
企業家志向性
企業レベルの企業家活動
構成概念
理論的基盤
entrepreneurial orientation
firm-level entrepreneurship
the measurement of entrepreneurial orientation
theoretical Basis
抄録

企業が持続的な成長するために必要とされる資源や能力に関する研究が進んでいるが,その源泉の1つとして組織や企業レベルの企業家活動とされる企業家的志向に注目が集まっている.研究の進展とともに,企業家志向性が企業業績を高める効果を持つと結論が定着しつつある.近年,企業家的志向に関する研究は増加傾向にあるが,企業志向性とは何を意味するのか,構成概念の再検討と企業家志向性と企業業績との関係性を説明しうる理論的基盤の確立の必要性が指摘されている.そこで本稿は,企業家志向性の構成概念と理論的基盤に関する先行研究レビューを行い,研究状況を概観し,今後の研究課題についての検討を行った.

In order to be able to seize the opportunities that a dynamic operating environment opens up, Entrepreneurial Orientation (EO) as a driving force behind the organizational pursuit of entrepreneurial activities has become a central focus of the entrepreneurship literature. It is clear that the scholarly community is very interested because EO is a significant predictor of firm performance. An important area which has been the subject of recent discussion in the EO is dimensionality and the call for more robust theorizing in EO research. This article is an attempt to understand the meanings and significance of the measurement of EO and robust theorizing, based on the literature review on the EO research.

掲載雑誌名
都市経営 : 福山市立大学都市経営学部紀要 = Urban Management : Bulletin of the Faculty of Urban Management, Fukuyama City University
9
開始ページ
117
終了ページ
125
出版年月日
2016-12-22
出版者
福山市立大学都市経営学部
ISSN
2186-862x
NCID
AA12564315
責任DOI
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
区分
fcu