常時微動測定に基づく砂留直下の地下構造の推定

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/fcu/metadata/12182
ファイル
タイトル
常時微動測定に基づく砂留直下の地下構造の推定
別タイトル
Estimation of Underground Structure beneath Sunadome Based on the Microtremor Measurements
著者
氏名 向井 厚志
ヨミ ムカイ アツシ
別名 MUKAI Atsushi
キーワード
常時微動測定
砂留
H/Vスペクトル比
地下構造
microtremor measurement
Sunadome
H/V spectral ratio
underground structure
抄録

砂留(江戸時代の砂防堰堤)の堆砂面に整備された堂々公園において常時微動測定を実施し,そのH/Vスペクトル比から公園直下の地下構造を推定した.柔らかい表層は公園中央部を流れる堂々川周辺で厚く,山の斜面に近づくほど薄くなる傾向がみられた.また,堂々川の上流側へ向かうほど,表層が薄くなる傾向も認められた.本研究で推定された地下構造は,砂留が構築される前の谷間地形を反映しており,常時微動測定は局所的で複雑な地下構造を推定する際にも有効な手段であると考えられる.

I performed the microtremor measurements on the sedimentation of Sunadome (a debris barrier in the Edo period) at Dodo park, and estimated the underground structure beneath the park by using the H/V spectral ratio. The soft surface layer was estimated to be thicker around the Dodo river flowing in the middle of the park and to be thinner nearby the mountain slope. There is also a tendency that the surface layer becomes thinner toward the upstream side of the river.These underground structures estimated in this study show the geography of the valley that existed before the construc-tion of the Sunadome. It is considered that a microtremor measurement is an effective method to estimate a locally complicated underground structure.

掲載雑誌名
都市経営 : 福山市立大学都市経営学部紀要 = Urban Management : Bulletin of the Faculty of Urban Management, Fukuyama City University
13
開始ページ
123
終了ページ
131
出版年月日
2021-02-26
出版者
福山市立大学都市経営学部
ISSN
2186-862x
NCID
AA12564315
責任DOI
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
区分
fcu