ものづくり参加企業から見たローカルブランディングの成立条件に関する考察:福山・備後圏域産地におけるデニム・ジーンズ参加企業を事例として

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/fcu/metadata/12205
ファイル
タイトル
ものづくり参加企業から見たローカルブランディングの成立条件に関する考察:福山・備後圏域産地におけるデニム・ジーンズ参加企業を事例として
別タイトル
A study on the conditions for establishing local branding from the viewpoint ofmanufacturing participating companies:A case study of companies participating in denim textile and jeans in fukuyama and bingo production areas
著者
氏名 池澤 威郎
ヨミ イケザワ タケオ
別名 IKEZAWA Takeo
キーワード
ローカルブランディング
ファクトリーブランド
アソートメントブランド デニムテキスタイル
ジーンズ
産業集積
サプライチェーン
Local branding
Factory brands
Assorted factory brands
Denim textiles
Jeans
Industrial agglomeration
Supply chain
抄録

福山・備後圏域はデニムテキスタイル産地としての特徴を持つが,その中でBtoB事業のみならず,企業名を明らかにしてBtoC事業で商品価値を高めようとするローカルブランド(LB)に参加する企業群がある.本稿では4種類のLBについて2種類以上に渡り参加している計6社の企業群にヒヤリングすることにより,各参加企業の立場でのローカルブランドへの参加実態を明らかにすることを目的とする.本稿では4つのリサーチクエスチョンを以下の通り設定した.①ファクトリーブランドの強み・弱みの認識や②ローカルブランドへの参加動機・関わり方,③BtoBとBtoC商品との関係性,④サプライチェーン上の位置づけの差異がローカルブランドにもたらす影響等についてである.ヒヤリングの結果,ファクトリーブランドの強み・弱みを一覧化し,それは表裏一体の関係であることを示しながら(①),川上企業群は生地を中心とした商品展開を通じてBtoB事業へ引き込ませ,川下企業群は雑貨を中心とした商品展開を通じてBtoB事業へ引き寄せようとしており,それらは選ばれるための素材・技術を商品化したものであったが,その表現方法に違いがみられた(②~④).なお,ローカルブランドの展開は同時に参加企業に小売の場を経験させることになる.市場での気づきが,ファクトリーブランドの弱みを克服する可能性を指摘しておきたい.

The Fukuyama and Bingo regions are characterized by denim textile production areas, but among them, there are B2B companies participating in local brands (LB) that seek to increase product value in the B2C business by clarifying the company name. The purpose of this paper is to clarify the actual situation of participation in local brands from the standpoint of each participating company by hearing with a total of six companies participating in more than two types of LB. In this paper, four research questions were set as follows. These include (1)the recognition of the strengths and weaknesses of the factory brand, (2) the motivation and involvement of local brands, (3) the relationship between B2B and B2C products, and (4) the impact of differences in positioning in the supply chain on local brands. As a result of the hearing, while listing the strengths and weaknesses of the factory brand and showing that it is two sides of the same coin ((1)), the upstream companies are drawing into the B2B business through product development centered on the fabric, and the downstream companies are trying to attract them to the B2B business through product development centered on miscellaneous goods, They were commercialized materials and technologies for selection, but there were differences in the expression method ((2) to (4)).
In addition, the development of local brands will at the same time make participating companies experience the field of retail. I would like to point out the possibility that awareness in the market will overcome the weakness of the factory brand.

掲載雑誌名
都市経営 : 福山市立大学都市経営学部紀要 = Urban Management : Bulletin of the Faculty of Urban Management, Fukuyama City University
14
開始ページ
61
終了ページ
79
出版年月日
2022-03-07
出版者
福山市立大学都市経営学部
ISSN
2186-862x
NCID
AA12564315
責任DOI
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
区分
fcu