地域プレイヤーから見た産官学連携とPBL型教育を通じた地域課題解決の有効性:産地研究と地域ブランド・小売プロモーション研究の2事例を通じた考察

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/fcu/metadata/12218
ファイル
タイトル
地域プレイヤーから見た産官学連携とPBL型教育を通じた地域課題解決の有効性:産地研究と地域ブランド・小売プロモーション研究の2事例を通じた考察
別タイトル
Effectiveness of solving regional issues through industry-government-academia collaboration and PBL-type education from the viewpoint of regional players:A study through two cases of production area research and area branding research(retail promotion)
著者
氏名 池澤 威郎
ヨミ イケザワ タケオ
別名 IKEZAWA Takeo
キーワード
PBL
CBL
実践共同体
産官学連携
地域プレイヤー
community of practice
industry-government-academia collaboration
regional players
抄録

 本稿では,昨今注目されるPBL(課題解決型あるいはプロジェクト型学習)の有効性について,地域というフィールドで実施された,大学生主体による地域課題解決の取り組みの具体的な2事例を取り上げ,地域課題を取り巻く産官学の地域プレイヤーにそれぞれどのようなニーズや役割があり,プレイヤー間の関係性がどうあるべきかについて明らかにすることを目的とする.本論文では福山市立大学で実施された「産地研究」及び「地域ブランド・小売プロモーション研究」の2つのゼミ実習における,地域事業者(民間企業),行政(地方自治体),大学(学生)の3者へ書面によるヒヤリング調査を実施しその内容について考察した.その結果,①地域課題の解決が総体的で漠然としたものではなく個別具体的な課題を解決して実施されるよう産学で頭合わせの調整が必要であること,②学生のみならず地域プレイヤー(民間・行政)においても深い学びがあったこと,③特に「地域ブランド・小売プロモーション研究」においては,学外資源の役割を果たした(直接課題対象とならない)間接的なレクチャー専門企業においても派生的メリットがみられたことが,発見事実として挙げられる.

 In this paper, regarding the effectiveness of PBL (problem-based or project-based learning), which has been attracting attention recently, we will take up two specific examples of community problem solving efforts by university students in the field of region. The purpose is to clarify and what needs and roles are each for regional players in industry, government, and academia surrounding regional issues, and what the relationship between players should be . In this paper, we conducted a written hearing survey of local business operators (private companies), government(local governments), and universities (students) in two seminars of "production area research" and "regional brand and retail promotion research" conducted at Fukuyama City University, and examined the results. The fact findings are as follows. (1)It is necessary to coordinate head-to-head in industry and academia so that the resolution of regional issues is implemented as a solution of individual specific problems rather than comprehensive and vague problems, and (2) there was deep learning not only for students but also in regional players (private and administrative actors).In particular(3), in the "regional brand and retail promotion research", there were also derivative merits in lecture companies that played the role of external resources.

掲載雑誌名
都市経営 : 福山市立大学都市経営学部紀要 = Urban Management : Bulletin of the Faculty of Urban Management, Fukuyama City University
14
開始ページ
241
終了ページ
259
出版年月日
2022-03-07
出版者
福山市立大学都市経営学部
ISSN
2186-862x
NCID
AA12564315
責任DOI
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
区分
fcu