幼児期の描画における模倣の生起と表現変化

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/fcu/metadata/12109
ファイル
タイトル
幼児期の描画における模倣の生起と表現変化
別タイトル
Imitation and Expression in Young Children’s Drawing
著者
氏名 山田 真世
ヨミ ヤマダ マヨ
別名 YAMADA Mayo
キーワード
幼児
描画
模倣
知的リアリズム
young children
drawing
imitation
intellectual realism
抄録

幼児期の描画において,子ども同士が構図や色の使い方など互いの絵を模倣する姿はよく見られている。本研究は,描画時に絵の模倣が可能である状況を設定することで,子どもの模倣の生起とそれに伴う表現の変化を検討した。実物を用いて対象の空間関係を再構成する再構成課題,表現方法の手がかりのない自由描画課題,手がかりのある模倣可能課題を行い,知的リアリズムから視覚的リアリズムへの表現変化の有無について分析を行った。結果として,学年があがるにつれて再構成課題の正反応が増加することが示されたが,他の課題や学年による反応の差は見られず,描画時の模倣が視覚的リアリズムへの手がかりとなることは示されなかった。今後は,描画の題材や文脈,他者との相互作用も含んだ描画過程全体を捉えることが必要とされる。

Children imitate others’ drawings spontaneously in their daily lives. The present study investigated the occurrence of imitation and the change of expression in young children’s drawing. 30 children (10 3-year-olds, 10 4-year-olds, 10 5-year-olds) were asked to arrange 2cups after the arrangement had been shown to them (reconstruction task), to draw the cups as they had been shown to them (drawing task), and to draw the cups as they had been shown to them with the reference drawing (imitation task). The result showed that in the reconstruction task, 5-year-olds had more correct answers than 3- and 4-year-olds. There were no differences in results from other tasks or ages. These results suggests that children did not use imitation as a clue to visual realism. There is a need for empirical research of drawing process including drawing subjects, context, and interaction with others.

掲載雑誌名
福山市立大学教育学部研究紀要 = Bulletin of the Faculty of Education, Fukuyama City University
6
開始ページ
115
終了ページ
121
出版年月日
2018-02-28
出版者
福山市立大学教育学部
ISSN
21876347
NCID
AA12609650
責任DOI
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
区分
fcu