中心市街地活性化基本計画における一期計画から二期計画への向上に関する研究

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/fcu/metadata/12110
File
Title
中心市街地活性化基本計画における一期計画から二期計画への向上に関する研究
Title Alternative
Study on the Improvement of Planning Level in City Center Revitalization Plans at the 2nd Stage
Author
氏名 岡辺 重雄
ヨミ オカベ シゲオ
別名 OKABE  Shigeo
氏名 佐原 由樹
ヨミ サハラ ヨシキ
別名 SAHARA Yoshiki
Subject
中心市街地活性化基本計画
フォローアップ
指標
City Center Revitalization Plan
follow-up survey
outcome indicator
Abstract

地方における中心市街地は都市郊外の大規模店舗の進出等により商業的に衰退の傾向があるが,人口が減少していく時代にあって,中心市街地の再生は急務であると言える.国は,中心市街地の再生のため「中心市街地活性化法」を制定し,計画的なまちづくりを誘導している.この1998年から始まる動きは,まちづくりが単に商業振興に止まるものでないことから,2006年に改正され,総合的なまちづくりの計画を「中心市街地活性化計画」として策定し,いわゆるPDCAサイクルにより見直していく仕組みとなっている.第1期から第2期に移行している都市における,第1期の反省を踏まえ,第2期の計画での向上について分析した.

Commercial area are declining in the central urban area of the local city as indicated by the movement of large store location to the suburbs. Despite of the shrinking economy, it is important to regenerate urban centers if we are to keep them as commercially viable, comvenient and attractive plans that benefit the city and ist citizens. The government made the act on vitalization in city centers to promote better planning. Since 2006, cities must make city center revitalization plans that show comprehensive regeneration of city centers. This vision includes not only commercial renovation, but housing and public services. City center revitalization plans must be improved by the PDCA cycle.
This study revealed that three following improvements can be seen by comparing the city center revitaliation plans for the first stage and the second stage, 1) improvement of plan indicators, 2) strategic planning area, 3) refine target.

Journal Title
都市経営 : 福山市立大学都市経営学部紀要 = Urban Management : Bulletin of the Faculty of Urban Management, Fukuyama City University
Volume
10
Spage
1
Epage
13
Published Date
2018-02-28
Publisher
福山市立大学都市経営学部
ISSN
2186-862x
NCID
AA12564315
Self DOI
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Set
fcu