女子大学生の対人ストレスコーピングおよび友人との付き合い方に及ぼす性格特性の影響

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/h-bunkyo/metadata/10734
ファイル
タイトル
女子大学生の対人ストレスコーピングおよび友人との付き合い方に及ぼす性格特性の影響
別タイトル
Effects of personality trait on coping with interpersonal stress and dealing with friends in female college students
著者
氏名 谷岡 瞳
ヨミ タニオカ ヒトミ
別名 Tanioka Hitomi
氏名 田頭 穂積
ヨミ タガシラ ホズミ
別名 Tagashira Hozumi
キーワード
対人ストレスコーピング
友人との付き合い方
性格特性(Big Five)
NDC
140
抄録

本研究では、対人ストレスコーピングおよび友人との付き合い方に及ぼす性格特性の影響について検討した。95名の女子大学生を対象に、対人ストレスコーピング、友人との付き合い方、性格特性の尺度を用いて、因子分析を行った。対人ストレスコーピング尺度においては「回避」「関係維持」「解決先送り」「プラス思考」「自己正当化」の5因子、友人との付き合い方尺度については、「防衛的」「自己自信」「同調的」「全方向」「被愛願望」「積極的相互理解」の6因子、また性格特性(Big Five)尺度においては、「情緒不安定性」「外向性」「誠実性」「調和性」「開放性」の5因子が抽出された。本研究の因果モデルにおいて、性格特性が友人との付き合い方、対人ストレスコーピングとそれぞれ正の関連性を持つことが示された。

掲載雑誌名
広島文教女子大学心理臨床研究
2
開始ページ
20
終了ページ
24
出版年月日
2012-11-20T03:14:42Z
出版者
広島文教女子大学心理教育相談センター
ISSN
21853185
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
ソートキー
04
旧URI
区分
h-bunkyo