上司に対する部下の取り入り行動の生起過程に関する研究

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/h-bunkyo/metadata/12019
File
Title
上司に対する部下の取り入り行動の生起過程に関する研究
Author
氏名 有倉 巳幸
ヨミ ユクラ ミユキ
別名 Yukura Miyuki
Subject
取り入り行動
自発的方略
反応的方略
取り入り行動生起過程モデル
NDC
360
Abstract

本研究ではE.E.Jones (1964; Jones & Wortman, 1973)が提唱した取り入り行動の生起モデルの再検証を、架空場面によるシナリオ実験によって行った。まず、生起モデ
ルに含まれる正当性の認知の閾値機能の確認を行った。その結果、正当性の認知の閾値機能は、下位方略として取り上げた自発的方略、反応的方略ともに確認されなかった。この結果をうけて、取り入りの生起過程モデルを構成し、共分散構造分析によって、下位方略ごとにこのモデルの適合度を検討した。生起過程モデルについては、下位方略によって、誘因および主観的成功確率からのパス係数が異なっていることが明らかとなった。

Journal Title
対人コミュニケーション研究
Issue
1
Spage
17
Epage
38
Published Date
2013-03-30
Publisher
対人コミュニケーション研究会
ISSN
21874433
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
Sort Key
03
Old URI
Set
h-bunkyo