【判例研究】公共の場で寝起きしたとしてホームレスを逮捕したマイアミ市の行為がアメリカ合衆国憲法修正第4条の「不合理的な逮捕・押収の禁止」に反するとされた事例(Pottinger v. City of Miami, 810 F. Supp. 1551 (S.D.Fla. 1992))

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/h-bunkyo/metadata/12133
File
Title
【判例研究】公共の場で寝起きしたとしてホームレスを逮捕したマイアミ市の行為がアメリカ合衆国憲法修正第4条の「不合理的な逮捕・押収の禁止」に反するとされた事例(Pottinger v. City of Miami, 810 F. Supp. 1551 (S.D.Fla. 1992))
Title Alternative
City's Practice of Arresting Homeless Persons for Performing Such Activities as Sleeping, Eating, Standing, and Congregating in Public Places Violated the Fourth Amendment
Author
氏名 橋本 圭子
ヨミ ハシモト ケイコ
別名 Hashimoto Keiko
Subject
判例研究
アメリカ合衆国憲法
NDC
320
Journal Title
広島文教女子大学紀要
Volume
48
Spage
85
Epage
95
Published Date
2013-12-26
Publisher
広島文教女子大学
ISSN
0919181X
NCID
AN10402507
NAID
AN10402507
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
Sort Key
08
Set
h-bunkyo