女性の化粧に及ぼすコミュニケーション不安の影響

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/h-bunkyo/metadata/12140
File
Title
女性の化粧に及ぼすコミュニケーション不安の影響
Title Alternative
The influence of communication anxiety on women's makeup
Author
氏名 深田 博己
ヨミ フカダ ヒロミ
別名 Fukada Hiromi
氏名 梶本 あゆみ
ヨミ カジモト アユミ
別名 Kajimoto Ayumi
Subject
コミュニケーション不安
化粧
女性
NDC
360
Abstract

本研究は、コミュニケーション不安が女性の化粧に及ぼす影響を検討することを目的とした。女子大学生143名を調査対象とし、質問紙調査を実施した。質問紙には、化粧に関する質問とコミュニケーション不安尺度が含まれていた。コミュニケーション不安の高群と低群の間で、化粧に関する意識・行動を比較した。その結果、コミュニケーション不安の高群は、低群に比べて、①自分自身の化粧に対する印象を「より落ち着いた」と評価し、②化粧をする理由を、「社会の常識(身だしなみ)だから」、「自分の顔の造りに対するコンプレックスを軽減させるため」とより強く考えており、③場所によってノーメイクで外出することが困難で、会う人によってノーメイクで外出することが困難であることが解明された。このように、コミュニケーション不安の高い女性は、化粧を肯定的に認知し、化粧を積極的に利用していることが判明した。

Journal Title
対人コミュニケーション研究
Issue
2
Spage
49
Epage
63
Published Date
2014-03-15
Publisher
対人コミュニケーション研究会
ISSN
21874433
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
Sort Key
04
Set
h-bunkyo