間接的要求によって使用者の目標は達成できるか

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/h-bunkyo/metadata/12141
File
Title
間接的要求によって使用者の目標は達成できるか
Title Alternative
Does using indirect requests facilitate the realization of a speaker's goals?
Author
氏名 平川 真
ヨミ ヒラカワ マコト
別名 Hirakawa Makoto
氏名 森永 康子
ヨミ モリナガ ヤスコ
別名 Morinaga Yasuko
Subject
間接的要求
目標達成
丁寧な要求
直接的要求
NDC
360
Abstract

本研究の目的は、間接的要求を使用することによって、使用者の目標は達成できるのかどうかを検討することであった。検討対象となった使用目標は、平川・深田・塚脇・樋口(2012)が整理した、他者配慮、応諾獲得、明確拒否の回避、印象管理、申し訳なさ伝達、の5つである。大学生80名を対象に、直接的要求、丁寧な要求、そして間接的要求によって頼み事をされるシナリオを用いた実験を行った。それぞれの目標の達成と関連する、感情、認知、行動意思を測定し、間接的要求を基準条件、直接的要求と丁寧な要求を比較条件とした条件間比較を行った。その結果、直接的要求と比べた場合、間接的要求の使用は応諾獲得以外の目標を達成することが示された。しかしながら、その効果は丁寧に頼む場合よりもおおむね低く、他者配慮、応諾獲得、印象管理に関しては、間接的要求よりも丁寧な要求を使用した方が目標を達成できることが示された。したがって、平川他(2012)が整理した目標の達成という観点からすれば、間接的要求ではなく丁寧な要求を使用することのほうが望ましいといえる。

Journal Title
対人コミュニケーション研究
Issue
2
Spage
19
Epage
30
Published Date
2014-03-15
Publisher
対人コミュニケーション研究会
ISSN
21874433
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
Sort Key
02
Set
h-bunkyo