話し手の印象に及ぼす方言と参加者の出身地の影響

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/h-bunkyo/metadata/12211
ファイル
タイトル
話し手の印象に及ぼす方言と参加者の出身地の影響
別タイトル
Effects of dialects and participant's birthplace on the impressions of speakers
著者
氏名 新見 直子
ヨミ ニイミ ナオコ
別名 Niimi Naoko
氏名 丸目 祐
ヨミ マルメ ユウ
別名 Marume Yuu
キーワード
方言の使用
参加者の出身地
方言意識
話し手の印象
NDC
360
抄録

 本研究では、話し手の使用する3つの言語スタイル(共通語、広島方言、鹿児島方言)と実験参加者の出身地が話し手の印象に及ぼす影響を検討した。さらに、実験参加者のもつ方言意識と話し手の印象の関連性についても検討した。主な結果は次の通りであった。(1)共通語話者は方言話者よりも知的な印象を与える傾向にあった。(2)出身地の言語スタイルは共通語や他の方言よりも好意的な印象を形成する傾向にある。(3)日常的に方言を使用する傾向にある者ほど、本実験で提示された話し手を知的で人柄が良いと評定しる傾向にある。

掲載雑誌名
対人コミュニケーション研究
3
開始ページ
19
終了ページ
32
出版年月日
2015-03-15
出版者
対人コミュニケーション研究会
ISSN
21874433
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
ソートキー
02
区分
h-bunkyo