攻撃的ユーモアはポジティブな対人的機能をもつのか : 相手との新密度と攻撃的ユーモアの攻撃度からの検討

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/h-bunkyo/metadata/12531
ファイル
タイトル
攻撃的ユーモアはポジティブな対人的機能をもつのか : 相手との新密度と攻撃的ユーモアの攻撃度からの検討
別タイトル
Does aggressive humor habe positive interpersonal functions? : Relationship between closeness with another person and aggression levels
著者
氏名 塚脇 涼太
ヨミ ツカワキ リョウタ
別名 Tsukawaki Ryota
キーワード
攻撃的ユーモア
親密度
対人認知
感情
関係継続意思
NDC
360
抄録

本研究の目的は、攻撃的ユーモアのポジティブな対人的機能を実験的に検討することであった。独立変数は相手との親密度(高、低)と攻撃的ユーモアの攻撃度(高、低、統制条件)であり、統制条件はユーモアを含まない発話を設定した。従属変数は、攻撃的ユーモアを言われた際の、相手への対人認知、肯定的感情、否定的感情、関係継続意思の4つであった。実験参加者に、親密度と攻撃的ユーモアの攻撃度が操作された6種類のシナリオの1つを無作為に配布し、従属変数の測定を行った。その結果、攻撃的ユーモアはその攻撃度の高低に関わらず、否定的感情を生起させた。攻撃度が高いユーモアは、対人認知を悪くし、関係継続意思を低めた。相手との親密度が低い場合に、攻撃度が高い攻撃的ユーモアは、肯定的感情を抑制した。相手との親密度が高い場合で、攻撃度が低い攻撃的ユーモアに限り、肯定的感情を生起させるというポジティブな対人的機能が示された。

掲載雑誌名
対人コミュニケーション研究
6
開始ページ
13
終了ページ
28
出版年月日
2018-07-31
出版者
対人コミュニケーション研究会
ISSN
21874433
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
ソートキー
02
区分
h-bunkyo