Standardizing teacher training for CEFR-based speaking assessments

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/h-bunkyo/metadata/12536
File
Title
Standardizing teacher training for CEFR-based speaking assessments
Title Alternative
CEFRを用いたスピーキングテスト評価標準化のための教員研修
Author
氏名 Sugg Richard
ヨミ
別名
氏名 Svien Jordan
ヨミ
別名
Subject
CEFR
Teacher Training
NDC
370
Abstract

The Bunkyo English Speaking Tests (BESTs) are used at the Bunkyo English Communication Center (BECC) as part of a wider, CEFR aligned assessment system for the English Communication (英語コミュニケーション) classes Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ and Ⅳ. These make up the General English (GE) first- and second-year courses for all students at Hiroshima Bunkyo Women's University. There are four speaking tests, one at the end of each semester. The tests consist of three parts, based on different sections of the Cambridge KET and PET tests. The BESTs aim to track students' improvement in speaking and are based on content from our self-made curriculum. At the same time, we are trying to place students at their correct levels within the CEFR bands of A1-B1 or above, in line with our curriculum goals and streaming bands. We also wish to provide students with constructive feedback to inform their materials choice in our Self Access Learning Center (SALC). Firstly, this report gives a brief explanation of the context and development of the BESTs, and the rubrics developed based on CEFR 'can-do' descriptors and external examiner training and experience. It will then cover the reasons why all members of the teaching and student advisory staff need to be on the same page regarding both the running and the grading of the speaking tests. After a brief overview of the concepts of rater/interlocutor strictness and leniency, it will detail how we go about the trainig and standardizing of our teachers, and the need to work out fair scores using Excel documents and Rasch Facets. This is followed by a simple explanation of Rasch Facets and its uses. After discussing washback from the BESTs and teacher training, it will outline ongoing and future improvements that can be made.

Bunkyo English Speaking Tests (BEST) は、英語コミュニケーション (GE) コースⅠ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳの1年生と2年生の学生向けで、CEFR 【Common European Framework of Reference for Languages、ヨーロッパ言語共通参照枠。語学のコミュニケーション能力を広く測るこの国際標準規格】 準拠、かつ広範囲をカバーする評価システムの一環として、広島文教女子大学英語コミュニケーションセンター (BECC) 【広島文教女子大学が新設した英語教育用施設】 で実施されている。4種のテストがあり、1種ずつ各学期の終わりに行われる。その内容はケンブリッジ英検のキー (KET) テストおよびプレリミナリー (PET) テストの各セクションに沿って3つのパートから構成されている。BESTでは、スピーキングにおける改善の記録を目的とし、独自のカリキュラムの内容に基づいている。と同時に、独自のカリキュラムが設定する目標や能力別クラス編成に従い、CEFRにおけるA1-B1レベルかそれ以上のレベルまで学生を教育することを目指している。また、セルフアクセスラーニングセンター (SALC) において個々人にあった教材の選択を助言できるよう、学生に建設的なフィードバックを提供することを理想としている。まず今回の報告書では、BEST の内容とその発展、つまり CEFR の「CAN-DO」リストや学外の試験官訓練と経験に基づき開発された規定について、簡単な説明を行う。次に、スピーキング試験の実施と評価のいずれにおいても、教師陣および学生へのアドバイススタッフの全員が、同じ情報を共有しなければならない理由を解説する。評価者または面談者が持つべき厳格さと寛容さについて概説した後、教師に対する教育と標準化について、そしてExcel文書とラッシュ分析を使用して公正なスコアを作成する必要性について詳しく解説する。その最後には、ラッシュ分析とその用途についても簡単に説明する。BESTからのウォッシュバック効果 【目標となる入試の変化がそれまでの教育手法に影響を与えること】 および教員教育について述べた後、達成が可能な継続的かつ将来的な改善についても概説する。

Journal Title
広島文教女子大学紀要
Volume
53
Spage
45
Epage
66
Published Date
2018-12-21
Publisher
広島文教女子大学
ISSN
0919181X
NCID
AN10402507
Language
eng
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
Sort Key
04
Set
h-bunkyo