Investigating first-year students' perceptions and knowledge of the CEFR at a Japanese university

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/h-bunkyo/metadata/12537
File
Title
Investigating first-year students' perceptions and knowledge of the CEFR at a Japanese university
Title Alternative
日本の大学1年生におけるCEFRについての意識及び知識に関する調査
Author
氏名 Cook Gary
ヨミ クック ギャリー
別名
氏名 Rutson-Griffiths Yukari
ヨミ ラットソングリフィス ユカリ
別名 ラットソングリフィス 佑加理
Subject
CEFR
NDC
370
Abstract

The Common European Framework of Reference for Languages (CEFR) has made an impact on language learning and teaching since its inception in the 1990s. In Japan, the CEFR has been implemented at various levels of education, of particular note the inclusion since 2013 of Can Do statements as goals for learners of English at junior and senior high schools by the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT). Universities have increasingly been adopting the CEFR as a reference for curriculum development, materials creation and assessment. At the Bunkyo English Communication Center (BECC), a language center attached to Hiroshima Bunkyo Women's University, the CEFR was first employed for the creation of its two-year English communication course. This study investigates what impact the CEFR has had on a cohort of its first-year English language students. 31 students participated in a Can Do statement sorting activity, and answered a questionnaire regarding the CEFR, TOEIC and Eiken. Results showed that students had limited knowledge regarding the CEFR, and that TOEIC is the preferred way of determining English langage ability. As a conclusion further CEFR education is suggested for students and teachers, and limitations and future implications are discussed.

1990年代の発行から、ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)は言語学習や教育に影響を与え続けている。日本では、様々な教育場面でCEFRが用いられ、とりわけ2013年に、文部科学省(MEXT)が中・高等学校の英語学習における目標設定に Can Do ステートメントを含めるよう提唱したことは特筆すべきことである。大学においては、カリキュラム開発や教材作成、評価にCEFRが参照されることが多くなってきた。広島文教女子大学の語学専用施設である Bunkyo English Communication Center (BECC) では、2年に亘る英語コミュニケーション授業の開発にCEFRが初めて採用された。本研究では、英語学習を行っている1年生を対象に、CEFRが彼らに与えた影響について調査した。31名の学生を対象に Can Do ステートメントを仕分けるアクティビティと CEFR や TOEIC、英語検定に関するアンケートを実施した。この調査から、学生のCEFRに関する知識は限られたものにとどまること、自身の英語力を知る手段としてはTOEICが好まれていることが分かった。この結果から、学生と教員に向けたCEFRに関するさらなる教育が望ましいということが言える。また、本研究の限界と今後の課題について述べる。

Journal Title
広島文教女子大学紀要
Volume
53
Spage
67
Epage
83
Published Date
2018-12-21
Publisher
広島文教女子大学
ISSN
0919181X
NCID
AN10402507
Language
eng
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
Sort Key
05
Set
h-bunkyo