Creation of pre-A1 level self-access materials for university students using CEFR-J

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/h-bunkyo/metadata/12538
ファイル
タイトル
Creation of pre-A1 level self-access materials for university students using CEFR-J
別タイトル
CEFR-Jを用いた大学生向けPre-A1レベル自主学習教材の開発
著者
氏名 Rutson-Griffiths Yukari
ヨミ ラットソングリフィス ユカリ
別名 ラットソングリフィス 佑加理
キーワード
CEFR-J
教材開発
NDC
370
抄録

One of the roles of self-access centers, which have been drawing attention and interest by Japanese universities, can be said to cater for learners at different levels and with various needs. At Hiroshima Bunkyo Women's University, the Common European Framework of Reference for Languages (CEFR) has been employed as a reference for developing self-access materials as well as English class curricula. After A1 to B2 level materials were first developed targeting the majority of students in their first and second years, studies and observations suggested that Pre-A1 level materials would benefit students at the lowest end. To meet this need, Pre-A1 level materials were created in 2015 with reference to the CEFR-J. This paper will illustrate how these materials were created and are used by students. In particular, it will discuss the pedagogical background, the reasons behind the decision to develop lower level materials, steps taken to create CEFR-J-informed Can Do statements and materials, and students' usage of the materials. It will also discuss some of the difficulties faced in developing the materials and share ideas for creating Pre-A1 level materials for students at the tertiary level.

日本の大学において注目と関心が寄せられているセルフアクセスセンターの役割の一つに、習熟度やニーズの異なる学生への対応があげられる。広島文教女子大学では、ヨーロッパ言語共通参照枠 (CEFR) が、英語の授業カリキュラムだけでなく自主学習教材の作成にも用いられている。1・2年次生の大半を対象にA1からB2レベルの学習教材が作成された後、学生に対する調査と観察からPre-A1レベルの教材が最も習熟度の低い学生層に有益であろうということが分かった。このニーズに応えるべく、2015年にCEFR-Jを参照しPre-A1レベルの教材が作成された。本稿ではこれらの教材がどのようにして作成され、学生に使用されているかを説明する。とりわけ、教育的背景やより易しいレベルの教材を開発するに至った理由、CEFR-Jを参照しCan Doステートメントや教材を作成した手順、学生の教材利用状況について述べる。また、教材開発において困難であった点や大学生向けにPre-A1レベルの教材を作成する際のアイディアについて述べる。

掲載雑誌名
広島文教女子大学紀要
53
開始ページ
85
終了ページ
97
出版年月日
2018-12-21
出版者
広島文教女子大学
ISSN
0919181X
NCID
AN10402507
本文言語
英語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
ソートキー
06
区分
h-bunkyo