An investigation into the links between course evaluation survey results and student learning outcomes in English classes

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/h-bunkyo/metadata/12547
File
Title
An investigation into the links between course evaluation survey results and student learning outcomes in English classes
Title Alternative
英語の授業における授業評価アンケートの結果と学習成果の関係性
Author
氏名 Rutson-Griffiths Arthur
ヨミ ラットソングリフィス アーサー
別名
Subject
達成度
NDC
370
Abstract

End-of-semester course evaluation surveys are a common method of collecting data for improving teaching at universities worldwide. The Bunkyo English Communication Centre at Hiroshima Bunkyo Women’s University uses its survey as part of a Faculty Development system, but its validity has not previously been analysed. Data from the teaching evaluation section of the survey were compared to class grade point average and statistically-significant positive relationships were found. This suggests that the survey does produce meaningful data, but a number of caveats are identified and confirms the need to use multiple measurements of teaching effectiveness.

学期末の授業評価アンケートは,国内外の大学において教育の質向上のためのデータ収集方法として広く用いられている。広島文教女子大学の文教英語コミュニケーションセンターにおいてもFDシステムの一環としてアンケートが用いられているが,その有用性が分析されたことは今までない。アンケート内の教員評価に関する項目のデータとクラスごとのGPAの関連性を分析した結果,統計的に有意な正の相関が見つかった。これは,授業評価アンケートのデータが役に立つことを示唆するものである。しかしながら,使用にあたって注意しなければならない点もいくつか確認されたことから,教育効果を評価する際には複数の方法が必要であるということが言える。

Journal Title
広島文教女子大学高等教育研究
Issue
5
Spage
29
Epage
35
Published Date
2019-03-01
Publisher
広島文教女子大学高等教育研究センター
ISSN
21892962
Language
eng
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
Sort Key
03
Set
h-bunkyo