リスクを含んだ意思決定課題における優先手がかりとしての社会的公正さの知覚および適切さの知覚とフレーミング効果

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/h-bunkyo/metadata/12734
File
Title
リスクを含んだ意思決定課題における優先手がかりとしての社会的公正さの知覚および適切さの知覚とフレーミング効果
Author
氏名 原田 耕太郎
ヨミ ハラダ コウタロウ
別名 Harada Kotaro
Subject
リスク選択
不明瞭ー等価性仮説
社会的公正さの知覚
適切さの知覚
フレーミング効果
risky choice
ambiguity-ambivalence hypothesis
perceived fairness
perceived rationality
verbal framing effect
NDC
360
Abstract

Wang2008の不明瞭等価性仮説は、リスクを含んだ選択課題における意思決定において、第1優先手がかりと第2優先手がかりが用いられ、第1優先手がかりによって選択が決定されない場合に、フレーミング効果が観察されると仮定している。本研究は、Mai et al. (2020) のlive-or-death problemを用い、第1優先手がかりの候補として社会的公正さの知覚あるいは適切さの知覚を想定しどちらが第1優先手がかりとして機能するかを検討することと 、フレーミング効果が観察されるかを検討した。Sure/Risky と Positive/Negative からなる4種類のうち 1つの調査票に回答した大学生139名のデータを分析対象とした。その結果、適切さの知覚の方が社会的公正さの知覚よりも第1優先手がかりとして優勢であった。また、 フレーミング効果は観察されなかった。適切さの知覚と社会的公正さの知覚との関係について、哲学における正義と公正との関係になぞらえて考察した。

According to Ambiguity - ambivalence hypothesis (Wang, 2008), it is suggested that the priority cue and the secondary cue are used for decision making in risky choices, and that verbal framing effect in risky choices will appear when decision making using the priority cue is not accomplished. This study examined which of perceived fairness and perceived rationality was predominant as the priority cue, and examined verbal framing effect in the live-or-death problem which Mai et al. (2020) used. 139 students completed one of four problems varied with Sure/Risky and Positive/Negative. Perceived rationality was predominant over perceived fairness as the priority cue in decision making. Verbal framing effect did not appear. The relation between perceived rationality and perceived fairness was considered by comparing to the relation between justice and fairness in philosophy.

Journal Title
対人コミュニケーション研究
Issue
8
Spage
15
Epage
21
Published Date
2021-10-01
Publisher
対人コミュニケーション研究会
ISSN
21874433
Language
jpn
NIIType
Journal Article
Text Version
Sort Key
02
Set
h-bunkyo