Recorded Speaking Practice and its Effects on Student Confidence and Motivation

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/h-bunkyo/metadata/12617
ファイル
タイトル
Recorded Speaking Practice and its Effects on Student Confidence and Motivation
別タイトル
録音したスピーキング練習が学生の自信と意欲に及ぼす影響
著者
氏名 Montgomery Tyler A
ヨミ
別名
氏名 Rose Kelly E
ヨミ
別名
氏名 Nevitt Craig Anthony
ヨミ ネヴィット クレィグ・アンソニー
別名
キーワード
Recorded Speaking Practice
Effects on Student Confidence and Motivation
録音したスピーキング練習
自信と意欲に及ぼす影響
抄録

The research discussed below is part of an ongoing action research project in a private university in western Japan. The subjects of the study were students in a freshman English language course and were, on average, low-proficiency beginners with a median TOEIC (LR) score of 275. The authors investigated whether recorded speaking practice (RSP) with individualized feedback could increase student confidence in speaking English and motivation to study English. A mixed-methods approach was used to measure confidence and motivation.
Results from quantitative analysis were mixed, while the qualitative analysis showed stronger positive support that individualized feedback on RSP can increase confidence and motivation. The paper concludes with suggestions for researchers who would like to adapt the project to their own classroom and future directions for the RSP project.

本研究では、日本の私立大学で実施しているアクションリサーチについて考察する。調査対象者は、1年生向けの初級英語科目の履修生である。本研究の目的は、学習者個々に対するRSP(recorded speaking practice)を伴うフィードバックにより、学習者の英語学習に対するモチベーション及びスピーキング能力の向上を検証することである。調査は、定量的及び定性的方法を用いて実施した。定量的調査では有意な結果を得られなかったものの、定性的方法では、RSPが学習者のスピーキング能力及び英語学習に対するモチベーションの向上に繋がることを明らかにした。調査結果は、RSPの活用が教育現場や関連分野の研究に貢献する可能性を示している。

掲載雑誌名
広島文教大学紀要
55
開始ページ
49
終了ページ
62
出版年月日
2020-12-25
出版者
広島文教大学
ISSN
24351660
責任DOI
本文言語
英語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
ソートキー
04
区分
h-bunkyo