「3.11後」と子どもたち : 「3.11」の新聞報道を手がかりに

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hbg/metadata/12136
File
Title
「3.11後」と子どもたち : 「3.11」の新聞報道を手がかりに
Author
氏名 時津 啓
ヨミ トキツ ケイ
別名
Abstract

 本稿の目的は,「3.11」をめぐる報道において「子ども」がどのように描かれているのかを明らかにすることにある。そして,「3.11」の記録において「子ども」の描写が果たした役割を解明する。「3.11」以降,子どもは三つの観点で描き出されている。第一に,「出産」であり,第二に,「放射能との関係」であり,第三に「希望」である。本稿はこれらを手がかりに,メディアの有する子ども観を明らかにし,メディアが,子どもを「3.11」と対照的に描くことで,二項対立を構築していることを解明した。そして,この二項対立の構造が「3.11」の複雑性を看過させていることを示し,一元的子ども観の危険性を明示した。

Journal Title
子ども学論集
Volume
1
Spage
81
Epage
89
Published Date
2013-04-30
Publisher
広島文化学園大学学芸学部子ども学科
ISSN
2187-8145
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Set
hbg