固定資産税課税をめぐる争訟に関する事例研究(2)

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hbg/metadata/12381
File
Title
固定資産税課税をめぐる争訟に関する事例研究(2)
Title Alternative
Study on Litigation of municipal Property Tax(2)
Author
氏名 東條 武治
ヨミ トウジョウ タケジ
別名 Takeji TOJO
Subject
地方税法
市町村
固定資産税
固定資産
非課税規定
Abstract

 本研究は、市町村(東京都の特別区にあっては、地方税法734条1項の特例規定により、特別区ではなく東京都である。)に課税権がある固定資産税課税をめぐる争訟に関する事例研究である。固定資産税課税をめぐる争訟は、現在でも決して少なくない。続稿である本稿(2)では、固定資産税課税の基礎となる固定資産の評価額をめぐる争訟に関する裁判例を素材として考察し、「適正な時価」の評価について検討したいと考えている。

Journal Title
広島文化学園大学ネットワーク社会研究センター研究年報=Journal of Hiroshima Bunka Gakuen University Center for Networking Society
Volume
10
Issue
1
Spage
67
Epage
77
Published Date
20141201
Publisher
広島文化学園大学ネットワーク社会研究センター(Hiroshima Bunka Gakuen University Center for Networking Society)
Created Date
2014-12
ISSN
21854777
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Set
hbg