「子どもの主体性」を育成 -自己評価の観点からの提案-

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hbg/metadata/12480
ファイル
タイトル
「子どもの主体性」を育成 -自己評価の観点からの提案-
別タイトル
Raising Children's Independence:A Suggestion from the Viewpoint of Self-evaluation
著者
氏名 坂本 貴彦
ヨミ サカモト タカヒコ
別名 Sakamoto Takahiko
キーワード
子どもの主体性 children's independence
主体的に学習に取り組む態度 independent attitude toward learning
自己評価活動 self-evaluation activities
抄録

 平成29(2016)年に改訂された小学校学習指導要領により,全ての教科等で目指すべき資質・能力が三つの柱として整理された。これに伴い,各教科における観点別評価の観点も現行の四観点(関心・意欲・態度,思考・判断・表現,技能,知識・理解)から三観点(知識及び技能,思考力・判断力・表現力等,主体的に学習に取り組む態度)に整理された。小学校現場においては令和2(2020)年度から「主体的に学習に取り組む態度」を評価することになるため,現行の「関心・意慾・態度」の評価とはどのようにお異なるのか,どのように評価がなされているのかを概観した。その中で自己評価活動に着目した。主体的に学習に取り組む態度である児童の主体性を育成するための指導の手立ての一つになると考えられる自己評価活動について研究した。小学校における調査の結果,自己評価活動が児童の主体性を育成するということは支持されなかったが,自己評価活動を長期的に実施し,その中で児童の自己評価能力の育成を図ることが望まれる。そのような自己評価活動が継続的に行うことができれば,児童の主体性を育成するうえで有効な手段になると考える。
The new curriculum for elementary schools (2016) organized all curricula with competences into three pillars. With this change, the previous four viewpoints of the criterion referenced assessment were reorganized into three viewpoints (knowledge and skills, ability to think/make decisions/express oneself, and independent attitude toward learning). Teachers will evaluate students'/children's independent attitude toward learning from 2020 onward. This article surveyed the concept of independence: how the one of viewpoints—independent attitude toward learning—changed from the predecessor—interest, willingness, attitude—and how it will be assessed. Then, the article conducted an empirical study of a self-evaluation class activity intended to foster children's independence and build an independent attitude toward learning. The results did not support the hypothesis that self-evaluation activities increase children's independence of will. The study suggested adopting long-term self-evaluation class activities to enhance children's self-evaluation ability.

掲載雑誌名
子ども学論集
6
開始ページ
73
終了ページ
82
出版年月日
2020-03-31
出版者
広島文化学園大学大学院教育学研究科
本文作成日付
2020-03-31
ISSN
2187-8145
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
区分
hbg