島岡理論の英訳(1)

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hbg/metadata/7956
File
Title
島岡理論の英訳(1)
Title Alternative
Translation: The Music Theory of Yuzuru SHIMAOKA
Author
氏名 黒住 彰博
ヨミ クロズミ アキヒロ
別名 Kurozomi Akihiro
Abstract

島岡理論は日本で生まれた科学的な音楽理論である。科学とは,ある対象に対して「観察→帰納→演繹→検証」の循環過程である科学的方法を反復適用して,少数の最終的な抽象的規則に集約したものであるが,島岡はこの方法を西洋古典音楽に適用し「島岡理論」として完成させてその有効性を立証した。訳者はこの有効な音楽理論を日本だけでなく広く世界に広めるべく,この理論のエッセンスである『総合和声』(音楽之友社,1998)の「原理篇」を英語に翻訳した。本稿は『総合和声』「原理篇」の第1章の翻訳である。この章では音楽の基礎を成している諸現象を科学的に考察している。なお英訳文確定に際しては,島岡自身の校正と英語のネイティブ・スピーカーで作曲家であるJohn Jambus Coleによる校正がなされた。また,原文で他の章へ言及している個所は割愛した。

Description

この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。

Journal Title
広島文化短期大学紀要
Volume
37
Spage
1
Epage
14
Published Date
2004-08-05
Publisher
広島文化短期大学
ISSN
13483587
Language
eng
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Old URI
Set
hbg