間取りと動線に関する考察 : グラフ理論によるアプローチ

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hbg/metadata/7987
File
Title
間取りと動線に関する考察 : グラフ理論によるアプローチ
Title Alternative
Consideration for the Room Planning and its Traffic Lines : Approach by the Graph Theory
Author
氏名 古川 博仁
ヨミ フルカワ ヒロヒト
別名 Furukawa Hirohito
Subject
間取り
room planning
動線
traffic line
ゾーンニング
zoning
グラフ理論
graph theory
インテリア計画
interior design
ボロノイ図
Voronoi diagram
Abstract

本論文は「インテリア計画」の立場から,「より適切な間取り図」の作成の一つとして,「グラフ理論を援用した間取り図の作図法」を提案した。この手法は,第1段階で「ドロネー図とボロノイ図の関係」を「ゾーニングと間取り図の関係」に援用し,第2段階では,それで得られた間取り図(ラフ)から不自然なところを「最適な動線は完全木である」という仮説に基づいて改良し,「より適切な間取り図」に仕上げていく方法である。この手法のポイントは「適切なゾーニング」であり,この仮説が真であることは著者によって数学的に証明されたが,この手法の可否は他の様々なライフスタイルで検証しなければ判明し得ないという課題を残している。

In this paper, I propose "the drawing method of the figure of the room planning quoted from the graph theory" as one of the drawing method of the more appropriate figure of the room planning from the standpoint of the interior design. In the 1st step of this technique, it is created the rough of the room planning by tying the relation between the Delaunay diagram and the Voronoi one to the relation between the zoning and the room planning. In the 2nd-stage, the unnatural place of its rough is improved according to the hypothesis "that the best traffic line is the complete tree" and its rough is built into the more appropriate figure of the room planning at last. The important point of this technique is to do "the appropriate zoning". It is proved by myself that my hypothesis is "true", but it is left a problem that the right or wrong of this technique must be verified about a wide range of lifestyles.

Description

この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。

Journal Title
広島文化短期大学紀要
Volume
41
Spage
13
Epage
25
Published Date
2008-12-31
Publisher
広島文化短期大学
ISSN
13483587
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Old URI
Set
hbg