法と市民 : 感性の豊かな市民のために

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hbg/metadata/9501
File
Title
法と市民 : 感性の豊かな市民のために
Author
氏名 榎 久仁裕
ヨミ エノキ クニヒロ
別名 Enoki Kunihiro
Abstract

今回は憲法,民法,刑法と市民の感性を関連づけて,分かりやすい事例でそれぞれの法の働きを論述してみた。「市民あっての法であるが故に市民は法を遵守するべきである。」ことを念頭に,市民感覚からは分かりにくい法が,実は市民の感性に基礎をおいていることを論証してみた。読者の方々が一層,法というものを身近に感じていただくことが,目的である。従って簡単な事例方式により,文章を展開するという試みをしてみた。市民社会では様々な事が起こる。その中で,少ない事例ではあるが,市民の感性がどの程度,法に盛り込まれているかを理解していただけば幸いである。一般的に分かりづらいとされる法が,実は身近な日常生活の中でも繰り広げられているということを認識,理解していただきたい。市民生活を営むための知識として読者の皆様に読んでいたたき,何処かで役に立つ法的知識になることを期待する。

Journal Title
看護学統合研究
Volume
13
Issue
1
Spage
49
Epage
54
Published Date
2011-09-30
Publisher
広島文化学園大学看護学部
ISSN
1346-0692
NCID
AA11499896
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Old URI
Set
hbg