幼児の握力と身体機能との関係

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hcu/metadata/89
ファイル
タイトル
幼児の握力と身体機能との関係
別タイトル
The relationship between the grip strength and physical function of preschool children
著者
氏名 平尾 文
ヨミ ヒラオ アヤ
別名 HIRAO Aya
氏名 平岩 和美
ヨミ ヒライワ カズミ
別名 HIRAIWA Kazumi
氏名 久保 温子
ヨミ クボ アツコ
別名 KUBO Atsuko
氏名 満丸 望
ヨミ ミツマル ノゾミ
別名 MITSUMARU Nozomi
氏名 石田 恭涼
ヨミ イシダ キョウスケ
別名 ISHIDA Kyousuke
氏名 村田 伸
ヨミ ムラタ シン
別名 MURATA Shin
キーワード
幼児
握力
身体機能
preschool children
grip strength
physical function
NDC
780.18
376.157
抄録

【はじめに】近年,子ども達の身体機能・運動能力が変化してきている。しかし,幼児の体力測定に関する報告はあまり見当たらない。本研究では幼児の握力をはじめ,身体機能との関連について測定・分析をすることを目的としている。
【対象と方法】対象は5歳児82名で,握力をはじめ咬合力,立ち幅跳び,両足跳び越し,足把持力,体支持持続時間,25m走の体力測定を行った。結果に関して単相関分析・重回帰分析を用いて検討した。【結果】単相関分析の結果,握力と咬合力・両足跳び越し・足把持力・体支持持続時間・25m走の5項目に有意な相関がみられた。さらに,ステップワイズ重回帰分析により,握力と独立して関連する因子として抽出されたのは,咬合力と体支持持続時間であった。【まとめ】幼児の握力は,咬合力と体支持持続時間に関連が認められたことから,上半身の機能との関係が強いことが示唆された。この結果から,握力測定は幼児の体力・身体機能測 定方法として使用できる可能性が考えられた。

【Introduction】The physical function of children has changed over the past few years. However, few studies appear to have measured the physical fitness of preschool children. The aim of the current study was to determine and analyze the relationship between the grip strength and physical function of young children. 【Subjects and Methods】Subjects were 82 5-year-olds. Grip strength, occlusal force, and toe grip strength were measured, and physical fitness was measured via a standing long jump, twolegged hopping, how long one can support one’s own weight with the arms, catching a ball, and a 25-m dash. Results were assessed using univariate and multiple regression analysis. 【Results】Univariate analysis revealed a significant correlation between grip strength and 4 items: occlusal force, performance on the 25-m dash, two-legged hopping, and how long one can support one’s own weight with the arms. In addition, multiple regression analysis identified occlusal force and how long one can support one’s own weight with the arms as related factors independent of grip strength. 【Conclusion】The grip strength of preschool children was found to be related to occlusal force and how long one can support one’s own weight with the arms, suggesting that grip strength is closely related to upper body function. Based on this finding, grip strength could be used as a way to measure the physical function of preschool children.

査読の有無
掲載雑誌名
広島都市学園大学雑誌 : 健康科学と人間形成 = Journal of Hiroshima Cosmopolitan University : health sciences and human formation
5
1
開始ページ
23
終了ページ
28
出版年月日
2019-05-01
出版者
広島都市学園大学
ISSN
2188-6032
責任DOI
本文言語
日本語
資料タイプ
学術雑誌論文
著者版フラグ
出版社版
権利情報
(C)広島都市学園大学
区分
hcu