覚せい剤を乱用した少女たちのロールシャッハテスト

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hijiyama-u/metadata/9672
ファイル
タイトル
覚せい剤を乱用した少女たちのロールシャッハテスト
別タイトル
Rorschach test of Juvenile Delinquents Who Abused Methamphetamine
著者
氏名 梅本 俶子
ヨミ ウメモト ヨシコ
別名 UMEMOTO Yoshiko
抄録

覚せい剤を乱用した少女たちのうち、覚せい剤の薬害により、中程度以上の症状が発現した人には覚せい剤の使用を中断しでも猜疑的になったり被害感や関係念慮を持ちやすくなったりする人格上の変化を残すといわれる。そこで、覚せい剤を乱用し、猜疑的・被害的に物事を受け止める傾向が強く見られるようになり、さらに進んで幻覚や妄想などの精神症状を体験したことのある人たちと、覚せい斉由を乱用はしたが、使用時に一過的に初期的な症状があったのみで、覚せい剤を使用中も中断後も大きな異状を示さなかったものとを、断薬後おおむねl年を経過した時点でロールシャッハテストを実施し比較した。その結果、覚せい剤の乱用により、中程度以上の影響を受けた人は、情緒的に不安定になりやすく感情統制が不良であること、対人関係に敏感で傷つきやすく、周囲と円滑な関係を持ちにくい傾向が見られた。

掲載雑誌名
心理相談センター年報
1
開始ページ
3
終了ページ
10
出版年月日
2005
出版者
比治山大学大学院現代文化研究科附属心理相談センター
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
ソートキー
02
旧URI
区分
hijiyama-u