被虐待児へのエンパワーメント・アプローチ : 子どもとリジリアンスの視点から

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hirokoku-u/metadata/11114
ファイル
タイトル
被虐待児へのエンパワーメント・アプローチ : 子どもとリジリアンスの視点から
著者
氏名 下西 さや子
ヨミ シモニシ サヤコ
別名 Shimonishi Sayako
キーワード
児童虐待
子ども観
リジリアンス
エンパワーメント
CAPプログラム
child abuse
View of the child
Resilience
Empowerment
child abuse prevention program
抄録

児童虐待の影響が論じられるとき,子どもは傷つきやすく無力な存在であるから,虐待を受けると,長じて,犯罪を犯したり虐待する親になるという言説は,19世紀末から20世紀初頭の児童虐待防止運動発生以降,常に語られる「警告」となっている.近年の北米を中心とした調査研究では,こうした直線的な因果関係はすでに否定されているが,日本においては,子どもに対する弱者救済型の援助を自明とする児童福祉観は根強く,パターナリズムからエンパワーメントへと援助理念のパラダイム転換が進行している現在も,子どもへのエンパワーメントは,等閑視されているように思われる.本稿では,児童福祉分野における伝統的子ども観と病理モデルをリジリアンスの視点から再検証し,CAPプログラムを援用した緊急介入場面における被虐待児へのエンパワーメントの実践を紹介している.

Although it is often "warned" that since a child is powerless and easily hurt, and that, if abused, is likely to grow to be a criminal or an abusive parent, recent studies in North America have resulted in rejecting this kind of causality. In Japan, however, the thinking is still strongly maintained that assistance to children should be considered as for the weak. While a change in the paradigm of aid philosophy from one based on paternalism to that of empowerment is taking place, it seems to this writer that empowerment of children is ignored. This paper reexamines the traditional view of the child in the child welfare field, and a pathological model in the field of child abuse intervention from the viewpoint of "RESILIENCE", while it introduces an assistance program to the abused children, quoting the Child Abuse Prevention program that has come to be known as a model program to empower the children.

掲載雑誌名
社会福祉学
47
1
開始ページ
18
終了ページ
31
出版年月日
2006
出版者
日本社会福祉学会
ISSN
0911-0232
NAID
110004833735
本文言語
日本語
資料タイプ
学術雑誌論文
著者版フラグ
出版社版
旧URI
区分
hirokoku-u