男女大学生における痩身願望に影響を与える心理的諸要因の検討

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hirokoku-u/metadata/12243
File
Title
男女大学生における痩身願望に影響を与える心理的諸要因の検討
Title Alternative
The effects of phychological factors on the drive for thinness in male and female college students.
Author
氏名 清原 直彦
ヨミ キヨハラ ナオヒコ
別名 Kiyohara Naohiko
氏名 檜山 美希
ヨミ ヒヤマ ミキ
別名 Hiyama Miki
氏名 本田 未菜美
ヨミ ホンダ ミナミ
別名 Honda Minami
氏名 西村 太志
ヨミ ニシムラ タカシ
別名 Nshimura Takashi
Subject
痩身願望
痩身のメリット感
現体型のデメリット感
痩身願望規定因の性差
drive for thinness
the sense of merit about losing weight
the sense of demerit about one's own body
sex differences about the factor of determinants of drive for thinness
Abstract

本研究は,女性だけでなく男性においても痩せを称賛する文化が特に青年層において広がっているという問題に注目し,痩身願望を規定する心理的諸要因に着目して検討を行った。痩身願望は「痩身行動を動機付ける心理的要因」(馬場・菅原,2000)と定義されており,先行研究から心理的要因が痩身のメリット感・現体型のデメリット感を仲介し,痩身願望に影響を与えることが示されている。そこで,個人の特性が痩身のメリット感・現体型のデメリット感と痩身願望にどのような影響を及ぼすのかについて,性差の焦点をあて,その心理的メカニズムを検討することを目的とした。パス解析の結果,痩身願望に影響を与える個人特性が痩身のメリット感・現体型のデメリット感を一部仲介することが示され,さらに痩身願望を規定するモデルでは影響過程が性別の違いによって異なることが示された。男性では,痩身のメリット感,現体型のデメリット感が直接痩身願望に影響を与えることが明らかになった。女性では身体満足度が痩身願望に直接影響を与え,自尊感情が低いほど現体型のデメリット感が高まり,痩身願望を強めること,称賛獲得欲求が高いほど痩身のメリット感が高まり,痩身願望を強めることが明らかとなった。

Journal Title
広島国際大学心理臨床センター紀要
Issue
11
Spage
11
Epage
20
Published Date
2013-03-20
Publisher
広島国際大学心理臨床センター
ISSN
1348-2092
NCID
AA12125734
Language
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Sort Key
01
Old URI
Set
hirokoku-u