日常環境における経路学習と視空間ワーキングメモリ

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hirokoku-u/metadata/12276
File
Title
日常環境における経路学習と視空間ワーキングメモリ
Author
氏名 大藤 弘典
ヨミ オオトウ ヒロノリ
別名 OTO Hironori
Abstract

 本研究では、視空間ワーキングメモリが経路学習に果たす役割について調べた。参加者は、車で道を移動する様子を撮影した映像を観察し、その後、憶えた道とランドマークを含む地図を描画することが求められた。また2種類の容量測定テストを用いて、参加者の視空間ワーキングメモリの視覚コンポーネントと空間コンポーネントの容量が測定された。実験の結果、空間コンポーネントの容量が大きい参加者ほど曲がる動作の成績が高くなることが示された。視覚コンポーネントの容量は動作の成績を予測しなかった。またランドマークの記憶は視覚と空間のどちらのコンポーネントにも依存していなかった。これらのことは、移動による経路学習がワーキングメモリの空間資源に支えられていることを示唆している。

Journal Title
広島国際大学心理学部紀要
Volume
3
Spage
39
Epage
47
Published Date
2016-03-01
Publisher
広島国際大学心理学部
ISSN
2188-3734
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Set
hirokoku-u