認知症高齢者の家族介護者の役割間葛藤-介護者および被介護者の属性と関連-

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hirokoku-u/metadata/12316
File
Title
認知症高齢者の家族介護者の役割間葛藤-介護者および被介護者の属性と関連-
Title Alternative
Inter-role conflict among employerd family caregivers of people with dementia: Relation with demographics of caregiver and care recipient
Author
氏名 森本 浩志
ヨミ モリモト ヒロシ
別名 MORIMOTO Hiroshi
氏名 古田 伸夫
ヨミ フルタ ノブオ
別名 FURUTA Nobuo
氏名 河野 光慧
ヨミ コウノ ミズエ
別名 KONO Mizue
氏名 壁谷 眞由美
ヨミ カベヤ マユミ
別名 KABEYA Mayumi
Abstract

本研究の目的は,認知症高齢者を働きながら介護している家族(就労している家族介護者)が経験する役割間葛藤と,介護者および被介護者の属性との関連を明らかにすることである。812名の就労している家族介護者に調査を行った。その結果,介護者の性別,年齢,職種,雇用形態(フルタイム,パートタイム),被介護者との続柄,介護期間,被介護者の性別,年齢,認知症の原疾患,介護保険の利用の有無と要介護度のいずれの変数も,役割間葛藤と有意な関連が見られた。しかしながら,一部を除いて,いずれの効果量も小程度以下であった。この結果から,就労している家族介護者の役割間葛藤は,介護者および被介護者の属性によって異なるものの,その差異は小さいことが考えられる。

Journal Title
広島国際大学心理学部紀要
Volume
4
Spage
43
Epage
52
Published Date
2017年3月14日
Publisher
広島国際大学心理学部
ISSN
2432-2067
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Sort Key
12
Set
hirokoku-u