思春期の問題行動に対する青年期のとらえ直し(5)-思春期と青年期における父親との体験の異同と思春期に対する見方の変化ー

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hirokoku-u/metadata/12335
File
Title
思春期の問題行動に対する青年期のとらえ直し(5)-思春期と青年期における父親との体験の異同と思春期に対する見方の変化ー
Author
氏名 鹿嶌 達哉
ヨミ カシマ タツヤ
別名 Tatsuya KASHIMA
Abstract

 青年期における思春期のとらえ直しに関する研究の一環として、大学生の思春期と青年期における父親との体験を授業後の感想から明らかにした。思春期において父は「特別な存在から一人の人間」として見られ始め、「見守りながら相談に乗り叱責をする存在」となった。へだたりも感じ始め、嫌悪感や対立も生じるようになった。青年期になると父は尊敬され、類似性が記されるようになる。見守り助言することは変わらないが、一人の人間としてより見られるようになり、中年期の変化や祖父母との関係が記されるともに、批判の対象ともなっていた。思春期における父との体験は青年期に転機、意味づけ、関連づけ、変容によりとらえ直されていた。

Journal Title
広島国際大学 教職教室 教育論叢
Issue
8
Spage
21
Epage
32
Published Date
2016年12月15日
Publisher
広島国際大学 心理科学部 教職教室
ISSN
1884-9482
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Sort Key
4
Set
hirokoku-u