骨粗鬆症予防のための弁当導入による食行動変容の動機付けについて

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hirokoku-u/metadata/12435
ファイル
タイトル
骨粗鬆症予防のための弁当導入による食行動変容の動機付けについて
別タイトル
Introducing "Osteoporosis" Prevention Lunchbox" to Motivate Workshop Participants for Improve Their Eating Behaviors
著者
氏名 木村 留美
ヨミ キムラ ルミ
別名 KIMURA Rumi
氏名 福山 亮
ヨミ フクヤマ リョウ
別名 HUKUYAMA Ryo
氏名 逸見 幾代
ヨミ ヘンミ イクヨ
別名 HENMI Ikuyo
抄録

We held an osteoporosis prevention workshop, simultaneously conducting a preliminazy attribute survey to examine participants'lifestyles and calcium intake, with a view to introducing and disseminating the "Osteoporosis Prevention Lunchbox". The participants'level of interest in osteoporosis was high, and such a level was slightly correlated with their daily energy level and calcium intake. The lunchbox was favorably evaluated by 97.5% of all participants. It was suggested to be helpful for osteoporosis prevention, awareness enhancement, and preventive practices.

骨粗霰症予防教室の講座参加者に提供する予防弁当の有効性と普及導入を目的として,予備属性調査を同時に行い,生活習慣及びカルシウムの摂取状況を把握した。 講座参加者の多くは骨粗髭症についてある程度の関心を有し,骨粗霰症について関心度が高い集団であった。参加者の関心度と日常的なエネルギー,カルシウム摂取量にはわずかな相関が認められた。弁当の評価としては,「良い」と回答した者が 97.5%と好評を得た。今後,弁当の導入が骨粗慇症の予防や意識の高揚と実践につながることを期待したい。

掲載雑誌名
広島国際大学総合教育センター紀要
3
開始ページ
53
終了ページ
62
出版年月日
2019-02
出版者
広島国際大学総合教育センター
ISSN
24322811
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
区分
hirokoku-u