『数値計算シミュレーションによる各種血液透析濾過治療条件における物質除去量推測法の提案』―前希釈血液透析濾過モデルによる検討―

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hirokoku-u/metadata/12444
ファイル
タイトル
『数値計算シミュレーションによる各種血液透析濾過治療条件における物質除去量推測法の提案』―前希釈血液透析濾過モデルによる検討―
別タイトル
『Proposal of numerical simulation method for estimating the amount of substances removed in various hemodiafiltration conditions』 -Evaluation of the applicability of the method by applying it to predilution hemodiafiltration-
著者
氏名 工藤 哲
ヨミ クドウ サトル
別名 Kudo Satoru
キーワード
血液透析濾過
クリアランス
拡散
濾過
数値計算シミュレーション
hemodiafiltration
clearance
diffusion
filtration
numerical simulation
抄録

 本論文では、様々な透析治療条件における物質除去量推測法の一つとして、血液浄化器モデルおよび生体モデルを用いた方法を提案する。血液浄化器モデルとしてヘモダイアフィルタを4つに分割したモデルを用いて、前希釈血液透析濾過(前希釈HDF)を行う際の、様々な置換液量及び除水量における尿素、β2‐ミクログロブリン(β2‐MG)、アルブミン(Alb)のクリアランスを計算し、生体モデルと組み合わせることで各物質の除去量を推測した。
 尿素とβ2‐MGは置換液量の増加に伴い、クリアランスの拡散による成分は減少し濾過による成分は増加した。その結果、全体のクリアランスは尿素ではわずかに低下したが、β2‐MGでは増加した。また、Albのクリアランスは置換液量の増加に伴い増加した。このように数値計算シミュレーションは分子量の違いや濾過量の影響を明確に示すことができるため、各種治療条件に対する物質除去量の推定に適用可能であることが示唆された。

 Here we propose a method involving both biological and blood purifier models for estimating the amount of substances removed in various hemodiafiltration conditions. In this method, using the hemodiafilter model comprising four sections, urea, β2-microglobulin(β2-MG), and albumin(Alb) clearances are calculated with respect to various replacement fluid flow and ultrafiltration rates in predilution hemodiafiltration. Subsequently, these clearances are combined with the biological model, and the amount of each removed substance is estimated.
 Clearance by diffusion of urea and β2-MG decreased with increasing replacement fluid flow and clearance by filtration of them increased with increasing replacement fluid flow. In result, total clearance of urea decreased, but total clearanse of β2-MG increased. Total clearance if Alb increased with increasing replacement fluid flow. Effect of amount of replacement fluid flow and molecular weight on clearance was showed by these result. This suggests the applicability of using numerical simulation as a method for estimating the amount of substances removed in various hemodiafiltration conditions.

掲載雑誌名
医療工学雑誌
12
開始ページ
9
終了ページ
21
出版年月日
2018-03
出版者
広島国際大学大学院医療・福祉科学研究科
ISSN
18819265
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
区分
hirokoku-u