「災害カウンセリング」とは何か

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hirokoku-u/metadata/12470
ファイル
タイトル
「災害カウンセリング」とは何か
著者
氏名 鶴田 一郎
ヨミ ツルタ イチロウ
別名 Ichiro TSURUTA
抄録

要旨:本研究では「災害カウンセリングとは何か」を明らかにするために、次の順で検討・考察を試みた。第一に「被災直後」と「被災後しばらくして」に分けて被災に伴う精神症状を整理した。第二に災害後に必ず行わなければならない措置を検討した。第三に災害カウンセリングの目標と具体的処置〔被災者体験の内容と感情を調べること、恐怖と苦しみに関する本人の認識、ストレスと対処状態の判定、適応的対処の強化、死・ショック・心の傷のワーキング・スルー(通りが良くなることを行うこと)の促進、喪失と悲嘆のワーキング・スルー(通りが良くなることを行うこと)の促進、家族ぐるみの適応の促進、ネットワークづくりと地域ぐるみの適応の促進〕、および障害の個別的処置(心的外傷後ストレス障害の処置、生き残り症候群の処置、死別症候群の処置)について考察した。

掲載雑誌名
広島国際大学 教職教室 教育論叢
10
開始ページ
192
終了ページ
200
出版年月日
2018-12-20
出版者
広島国際大学 教職教室
ISSN
1884-9482
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
ソートキー
019
区分
hirokoku-u