都市部の妊婦の体格・体型認識と食生活・食意識・生活習慣との関連性

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hirokoku-u/metadata/12498
ファイル
タイトル
都市部の妊婦の体格・体型認識と食生活・食意識・生活習慣との関連性
別タイトル
ー妊娠前体格(BMI 区分)に注目してー
著者
氏名 辻本 洋子
ヨミ ツジモト ヨウコ
別名 Yoko TSUJIMOTO
氏名 由田 克士
ヨミ ヨシタ カツシ
別名 Katsushi YOSITA
抄録

論文要旨
 大阪市内の Y保健福祉センターで、母子健康手帳交付時に妊婦616人を対象に、アンケート調査を実施した。その結果、調査対象者の三分のーをやせ妊婦が占め、やせの者ほどスリム志向が強く、また、自身の体型を過大認識している者が多くみられた。やせ妊婦の特徴として、年齢が若い、初産婦が多い、子どもと同居していない、お惣菜を利用しない、適正食事量を知らない、ダイエット経験がない等が確認された。 BMl 区分別のアプローチを考えた場合、やせ妊婦に対しては、「適正食事量を理解する」、「朝食の主食がパンの場合に米飯にする(栄養バランスの良い食事となる)」、「サプリメントの適正な使用法」、「食事バランスガイドを理解する」などの食教育を中心に適正な食事量を摂取していくことが、妊婦を適正体重に導き、やせ妊婦を減少させ、低出生体重児の減少へと導くと推察される。このことが、将来の子どもの生活習慣病発症予防へとつながっていくであろう。

At the Y health and welfare center located in the city of Osaka, a questionnaire survey of 616 pregnant women was conducted when they received their maternity record books. The results showed that a third of the women were thin pregnancies, and the thinner they were,the more they desired to remain slim. In addition, many had problems with body awareness. There were some distinctive characteristics of these thin pregnancies. Many of them were confirmed to be young, in their first pregnancy, not living with children, not using pre-prepared foods, unaware of the proper food volume to eat, and lacking any experience of dieting. Considering different approaches based on BMl categories, this study suggests that the use of food education to teach concepts such as “understanding proper food volume,”
“switching to rice instead of bread for breakfast (improving the nutritional balance of meals),” “methods for the proper usage of supplements,” and “understanding the food balance guide” to help thin pregnancy women take in the proper food volume could help them achieve the right bodyweight for pregnancy, reducing the incidence of thin pregnancies and low birthweight babies. This could help prevent the future development of lifestyle,related diseases in children.

掲載雑誌名
広島国際大学総合教育センター紀要
4
開始ページ
55
終了ページ
79
出版年月日
2020年2月
出版者
広島国際大学総合教育センター
ISSN
2432-2881
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
ソートキー
006
区分
hirokoku-u