転写レベルでの新たなサイトカインバランス指標TNFα/IL10と透析歴との相関性の検討:糖尿病性腎症患者および慢性糸球体腎炎患者に対するオンラインHDFでの比較

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hirokoku-u/metadata/12517
File
Title
転写レベルでの新たなサイトカインバランス指標TNFα/IL10と透析歴との相関性の検討:糖尿病性腎症患者および慢性糸球体腎炎患者に対するオンラインHDFでの比較
Title Alternative
Investigation of correlation between time on dialysis and new index of cytokine balance in the transcription level,TNFα/IL10:Comparison between the patients with diabetic nephropathy and those with chronic glomerulonephritis on on-line HDF
Author
氏名 丹野 福士
ヨミ タンノ フクシ
別名 Fukushi TANNO
氏名 速水 啓介
ヨミ ハヤミズ ケイスケ
別名 Keisuke HAYAMIZU
氏名 新井 翔太
ヨミ アライ ショウタ
別名 Shota ARAI
氏名 中村 雄二
ヨミ ナカムラ ユウジ
別名 Yuji NAKAMURA
氏名 中村 俊平
ヨミ ナカムラ シュンペイ
別名 Shunpei NAKAMURA
氏名 沓野 祥子
ヨミ クツノ ショウコ
別名 Shoko KUTSUNO
氏名 大場 美果
ヨミ オオバ ハルカ
別名 Haruka OHBA
氏名 清水 希功
ヨミ シミズ キヨシ
別名 Kiyoshi SHIMIZU
Subject
糖尿病性腎症、オンライン血液透析濾過、透析歴、逆転写―定量PCR、サイトカインバランス
diabetic nephropathy, on-line hemodiafiltration, time on dialysis, reverse transcription-quantitative PCR, cytokine balance
Abstract

透析導入後の長期生存率は、糖尿病性腎症(DN)を原疾患とする患者では慢性糸球体腎炎(CGN)よりも不良であり、血液浄化療法の生体適合性を改善するための指標が望まれる。オンラインHDFを受けているDN患者12名とCGN患者11名を対象に、転写レベルでの腫瘍壊死因子α(TNFα)、インターロイキン10(IL10)、顆粒球コロニー刺激因子(GCSF)のHDF前後比を逆転写―定量PCRにより測定して透析歴との相関性を両群で比較した。TNFα前後比、IL10前後比、GCSF前後比は各々単独では透析歴との間に有意な相関はなかったが、「TNFα前後比/IL10前後比」とすると透析歴との間にDN群でのみ有意な正の相関性を示した(r=0.61,P<0.05)。DNでは透析歴の延長に伴い、転写レベルでのサイトカインバランスが炎症促進性に傾くのに対してCGNではこの現象を認めないことが本研究で強く示唆される。

Since the long-term survival rate of patients on dialysis with diabetic nephropathy(DN) is inferior to that of chronic glomerulonephritis(CGN), we need a useful index to improve biocompatibility of conventional blood purifications. We collected blood of 12 patients with DN and 11 patients with CGN undergoing on-line hemodiafiltration(HDF) and measured tumor necrosis factor α(TNFα), interleukin 10(IL10) and granulocyte colony-stimulating factor(GCSF) in transcription levels by reverse transcription-quantitative PCR, and then compared correlation between time on diarysis and these parameters in the both groups. There was no significant correlation between changes of TNFα, or IL10 or GCSF by HDF, estimated by the ratios of those after to before HDF(cytokine ratio), and time on dialysis . However, there was a significant positive correlation between a combined parameter, TNFα ratio divided by IL10 ratio, and time on dialysis only in DN(r=0.61,P<0.05). This suggests cytokine balance in transcription levels accompanied by prolonged period on dialysis in DN shifts to a proinflammatory state but not in CGN patients.

Description Peer Reviewed
Journal Title
医療工学雑誌
Issue
14
Spage
15
Epage
25
Published Date
2020年3月15日
Publisher
広島国際大学大学院医療・福祉科学研究科
ISSN
1881-9265
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Sort Key
001
Set
hirokoku-u