パーキンソン病患者の嗅覚障害による日常生活への影響と看護援助

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hirokoku-u/metadata/12521
File
Title
パーキンソン病患者の嗅覚障害による日常生活への影響と看護援助
Title Alternative
The influence of olfactory dysfunction and nursing care on the daily lives of patients with Parkinson’s disease
Author
氏名 秋山  智
ヨミ アキヤマ サトル
別名 Akiyama Satoru
氏名 岡本 裕子
ヨミ オカモト ユウコ
別名 Okamoto Yuko
氏名 新田 亮子
ヨミ ニッタ リョウコ
別名 Nitta Ryoko
氏名 平岡 正史
ヨミ ヒラオカ マサシ
別名 Hiraoka Masashi
Subject
パーキンソン病,嗅覚障害,看護援助
Parkinson’s disease, Olfactory dysfunction, Nursing care
Abstract

最近注目されているパーキンソン病患者の非運動症状の一つに嗅覚障害がある.本研究の目的は,パーキンソン病患者が自分の嗅覚障害に気づいたきっかけ,及びその障害が日常生活へどう影響しているかを明らかにし,それらに対して必要な看護援助を検討することである.調査対象者は嗅覚障害のあるパーキンソン病患者29 名,調査方法は直接面接による聞き取り調査である.
嗅覚障害は,他の症状に比べると日常生活上の影響は大きくなく,困っていることはないという人もいた.しかし,実際には食事面,安全面, 衛生面,情緒面から様々な影響を感じている人も多かった.
特に火災やガス爆発の危険は最も注意すべきことである.料理中の焦げを防止するための集中力も必要である.その他,食品の鮮度,体臭・家の中のにおい,化粧の仕方などに対する衛生上の工夫も自己努力である程度は可能である.看護職には患者・家族への個別なアドバイスや教育,情緒面での配慮が求められる.

Journal Title
広島国際大学看護学ジャーナル
Volume
17
Issue
1
Spage
3
Epage
15
Published Date
2020-03-31
ISSN
1349-5917
Language
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Set
hirokoku-u