小学生が主体となって実践する地域密着型防災教育に関する研究

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hirokoku-u/metadata/12531
ファイル
タイトル
小学生が主体となって実践する地域密着型防災教育に関する研究
別タイトル
Research on Community-Based Disaster Prevention Education that Elementary School Students take the Initiative in Practicing
著者
氏名 井山 慶信
ヨミ イヤマ ヨシノブ
別名 Yoshinobu IYAMA
氏名 岡田 大爾
ヨミ オカダ ダイジ
別名 Daiji OKADA
抄録

要旨:100年に一度と言われるような異常な災害が、毎年のように全国各地で発生している現状において、いかにして住民一人一人に「命を守る行動」を実行してもらうのかが重要な課題となっている。しかし、積極的に避難しようとする住民は非常に少ない。そこで本研究では、避難所として開設されることの多い小学校において、その場所を最もよく知っている小学生と教職員が主体となった実践的な体験学習を実施した。児童たちは実際に体育館で段ボールベッドの組み立てや防災グッズの体験等を行い、防災について知識と技術を身に付けることにより、「助けを待つ」立場ではなく「自ら助ける」立場に成長することが出来た。「自分」と「家族」、それぞれの立場での「避難」についてもしっかり考えてもらった。また、避難の“楽しさ”を知ってもらうことも出来た。それにより子どもたちが率先して避難するようになり、周りの大人たちもそれに引っ張られて、早めの避難行動に結び付いていくことが期待される。

掲載雑誌名
広島国際大学 教職教室 教育論叢
12
開始ページ
16
終了ページ
22
出版年月日
2020-12
出版者
広島国際大学 教職教室
ISSN
1884-9482
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
ソートキー
003
区分
hirokoku-u