住民アンケート調査による地域高齢者の認知的フレイルに影響する要因の検討 -横断研究-

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hirokoku-u/metadata/12536
ファイル
タイトル
住民アンケート調査による地域高齢者の認知的フレイルに影響する要因の検討 -横断研究-
別タイトル
Factors Affecting Cognitive Frailty in the Community−dwelling Older Adults by Qinestionnaire Survey
著者
氏名 松浦 晃宏
ヨミ マツウラ アキヒロ
別名 MATSUURA Akihiro
氏名 梅原 拓也
ヨミ ウメハラ タクヤ
別名 UMEHARA Takuya
氏名 山﨑 貴博
ヨミ ヤマサキ タカヒロ
別名 YAMASAKl Takahiro
氏名 徳森 公彦
ヨミ トクモリ キミヒコ
別名 TOKUMORI Kimihiko
氏名 木藤 伸宏
ヨミ キトウ ノブヒロ
別名 KITO Nobuhiro
氏名 田中 秀樹
ヨミ タナカ ヒデキ
別名 TANAKA Hideki
氏名 山内 加奈子
ヨミ ヤマウチ カナコ
別名 YAMAUCHl Kanako
氏名 山岡 薫
ヨミ ヤマオカ カオル
別名 YAMAOKA Kaoru
キーワード
認知的フレイル
地域活動
地域高齢者
cognitive frailty
community activities
community−dwelling older adults
抄録

本研究は,地域高齢者の認知的フレイルと身体的フレイルに影響する要因を明らかにし,認知的フレイルに特徴的な要因について検討した。対象は,住民アンケートに回答した60歳以上の高齢者1,022名とした。対象を非フレイル,認知的フレイル,身体的フレイルに分け,運動習慣や食事摂取,地域活動,睡眠などの影響を分析した。二項ロジスティック回帰分析により,認知的フレイルは運動習慣と地域活動への参加がない場合に影響を受けた。特に,地域活動への参加は認知的フレイルに特異的であった。地域高齢者の認知的フレイルを予防・改善するためには,運動の習慣化とともに地域活動へ参加を促すための支援が必要である可能性がある。

This study aimed to examine the factors affecting cognitive and physical frailty in community−dwelling older adults and to clarify the factors characteristic of cognitive frailty. The subjects were 1,022 community−dwelling older adults aged 60 and older who responded to a self−administered questionnaire. We analyzed the effects of exercise habits, dietary intake, community activities, sleep, etc. using the frailty screening index. Binominal logistic analysis showed that cognitive frailty was significantly associated with no exercise habit and no participation in community activity. Participation in community activities did not affect physical frailty though it was a specific factor to cognitive frailty. In order to prevent or improve cognitive frailty in older adults, it might be necessary to have exercise habits and to encourage participation in community activities.

掲載雑誌名
医療工学雑誌
15
開始ページ
9
終了ページ
15
出版年月日
20210315
出版者
広島国際大学大学院医療・福祉学研究科
ISSN
1881-9265
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
区分
hirokoku-u