学修成果と関連する行動因子の探索ー留年を抑制するための学修指導ー

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hirokoku-u/metadata/12560
ファイル
タイトル
学修成果と関連する行動因子の探索ー留年を抑制するための学修指導ー
別タイトル
Development of personal traits which involve with academic performances. -Coaching to avoid repetition-
著者
氏名 山口 雅史
ヨミ ヤマグチ マサフミ
別名 Masafumi YAMAGUCHI
氏名 兒玉 安史
ヨミ コダマ ヤスシ
別名 Yasushi KODAMA
氏名 笠岡 敏
ヨミ カサオカ サトシ
別名 Satoshi KASAOKA
氏名 藤田 貢
ヨミ フジタ ミツグ
別名 Mitsugu FUJITA
氏名 堀 隆光
ヨミ ホリ タカミツ
別名 Takamitsu HORI
抄録

大学教育で問題となる留年について解析した。留年生には「入学時学力」が不足している者が多いが、入学時学力と大学での学修成果である評定平均には進級するにつれて相関性はなくなった。そこで、評定平均と学力にとらわれない行動因子(非認知能力)の関係性について解析したところ、評定平均とセルフコントロール尺度、ならびに性格5因子の一つである良識性には正の相関性があった。一方、評定平均と性格5因子の一つである情緒安定性には負の相関性があった。以上の結果は、これらの行動因子が学力不振に陥りやすい学生に対する早期指導、及び留年防止のための有用な指標になることを示唆している。

査読の有無
掲載雑誌名
広島国際大学総合教育センター紀要
5
開始ページ
21
終了ページ
30
出版年月日
2021-03
出版者
広島国際大学総合教育センター
ISSN
2432-2881
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
ソートキー
002
区分
hirokoku-u