バチカン文書:最善をつくす-スポーツと人間に関するキリスト教の視座-

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hirokoku-u/metadata/12591
ファイル
タイトル
バチカン文書:最善をつくす-スポーツと人間に関するキリスト教の視座-
別タイトル
Giving the best of yourself:A document about the Christian perspective on sport and the human person
著者
氏名 金 炫勇
ヨミ
別名
氏名 服部 宏冶
ヨミ
別名
キーワード
バチカン、スポーツ、スポーツに関するキリスト教の視座
Vatican,sport,the christian perspective on sport
抄録

要約:バチカン文書:「最善をつくすースポーツと人間に関するキリスト教の視座一」注1) は、2016年6月1日にバチカンの「信徒・家庭・いのちの部署」によって出版された文書で、スポーツに関するバチカンおよびカトリック教会の初の見解である。この文書は、スポーツの価値を神学的、霊的、哲学的、そして社会・教育的な視座から究明しており、時には新鮮な感じさえする。文書の内容は、スポーツの本質とは何か、スポーツはどうあるべきかについて、カトリック教会独自の視点から省察しており、勝利至上主義、商業主義へと流れる今日のスポーツ界において、スポーツ倫理、スポーツリテラシー、スポーツインテグリティを考察する上、大変参考になる資料である。これは試訳ではあるが、お役に立てぱ幸いである。
Abstract :" Giving the best of yourself: A document about the Christian perspective on Sport and the human person"(Vatican Press date, N.180601b.)is a document published by the Vatican's Dicastery for Laity, Family and Life on June 1,2016.This document is the first view of the Vatican and Catholic Church on the relationship between sport and the human person. It explains the value of sport from a theological, spiritual, philosophical, and social-educational perspectives. The content of this document reflects on what the essence of sport is and what sports should be, based on the perspective of the Catholic Church.It is a very useful material for considering Sports ethics, sports literacy and sports integrity in today's sports world, which is moving toward win at all costs and commercialism. We hope this trial translation will be useful.

査読の有無
掲載雑誌名
広島国際大学基盤教育センター紀要
6(改題第1号)
開始ページ
41
終了ページ
85
出版年月日
2022年3月
出版者
広島国際大学基盤教育センター
ISSN
2436-8946
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
ソートキー
005
備考

総合教育センター紀要改題

区分
hirokoku-u