地域住民におけるスリープマネージメントが精神健康・肌健康へ与える効果 : 香気成分セドロールを用いた睡眠改善技術のQOL向上への可能性

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hirokoku-u/metadata/1830
File
Title
地域住民におけるスリープマネージメントが精神健康・肌健康へ与える効果 : 香気成分セドロールを用いた睡眠改善技術のQOL向上への可能性
Title Alternative
The effects of sleep management on sleep quality, mental health and skin condition in the local resident. : Application to the improvement of QOL with sleep management technique used sedrol
Author
氏名 松尾 藍
ヨミ マツオ アイ
別名 Matsuo Ai
氏名 松下 正輝
ヨミ マツシタ マサテル
別名 Matsushita Masateru
氏名 田中 秀樹
ヨミ タナカ ヒデキ
別名 Tanaka Hideki
Subject
スリープマネージメント
精神健康
肌健康
Abstract

本研究では,不眠愁訴を持つ地域住民27名を対象に,日常生活下で生活習慣改善のための自己管理法と交感神経抑制効果のあるセドロールを用いたスリープマネージメントを行った。介入前後における睡眠及び心身への効果性の検討を行なった結果,介入後で入眠潜時の短縮,中途覚醒の減少,睡眠の質の改善が確認できた。また,日中の眠気や夕方の居探りの減少も見られた。さらに,介入後で精神健康の有意な改善,特に「身体症状」,「不安と不眠」の改善が認められた。また,肌水分量の増加傾向も確認できた。以上本研究より,自己管理法とセドロールを用いたスリープマネージメントが,睡眠の質の向上,そして日中の覚醒度の維持に貢献したと考えられる。また睡眠の質の向上が,精神健康・肌健康改善という良い循環に寄与している可能性が示唆された。

Journal Title
広島国際大学心理臨床センター紀要
Issue
5
Spage
44
Epage
53
Published Date
2007-03-20
Publisher
広島国際大学心理臨床センター
ISSN
1348-2092
NCID
AA12125734
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Old URI
Set
hirokoku-u