大学生におけるストレス反応と睡眠健康・睡眠生活習慣との関連

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hirokoku-u/metadata/1836
File
Title
大学生におけるストレス反応と睡眠健康・睡眠生活習慣との関連
Title Alternative
The relations of stress response to sleep-health and sleep-habit
Author
氏名 古谷 真樹
ヨミ フルタニ マキ
別名 Furutani Maki
氏名 田中 秀樹
ヨミ タナカ ヒデキ
別名 Tanaka Hideki
氏名 上里 一郎
ヨミ アガリ イチロウ
別名 Agari Ichiro
Subject
睡眠健康
睡眠生活習慣
ストレス反応
大学生
Abstract

本研究では,大学生におけるストレス反応と睡眠健康・睡眠生活習慣との関連について検討を行うことを目的とした。その結果,男女ともにストレス反応が高い者は,70%近くの者が睡眠に関連する問題を有していることが明らかになった。また,ストレス反応が高い者は,入眠潜時の遅延や熟眠感の欠如など睡眠健康が阻害されていることが判明した。さらに,ストレス反応が高い者に,睡眠生活習慣の不規則な者や,睡眠不足の者が多く,起床時の気分の悪化,日中の居眠りも顕著であることがわかった。以上,本研究より,大学生の健康教育の一環として,規則的な睡眠生活習慣の重要性を普及し定着するように働きかけていくことの必要性が示唆された。

Journal Title
広島国際大学心理臨床センター紀要
Issue
3
Spage
33
Epage
39
Published Date
2005-03-10
Publisher
広島国際大学心理臨床センター
ISSN
1348-2092
NCID
AA12125734
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
Old URI
Set
hirokoku-u