潜在的態度測定パラダイムの信頼性の検討

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hirokoku-u/metadata/1841
File
Title
潜在的態度測定パラダイムの信頼性の検討
Title Alternative
Reliability of the measures in the implicit attitude paradigm
Author
氏名 大月 友
ヨミ オオツキ トム
別名 Ohtsuki Tomu
氏名 権上 慎
ヨミ ゴンジョウ マコト
別名 Gonjo Makoto
氏名 杉山 雅彦
ヨミ スギヤマ マサヒコ
別名 Sugiyama Masahiko
Subject
Implicit Association Test (IAT),
Go
No-go Association Task (GNAT)
信頼性
潜在的態度
認知課題
Abstract

本研究は,最新の潜在的態度測定パラダイムであるIATとGNATに対して,①再検査法による信頼性の検討を行うこと,②課題への慣れと遂行成績および測定結果(IAT得点・GNAT得点)との関連を検討することを目的として行われた。IAT・GNAT課題として,花の名前・昆虫の名前・肯定語・否定語からなるflower/insect-IATとflower-GNATを作成し,29名の実験協力者に対して1週間間隔でそれぞれ4回実施した。その結果, IAT (r=.38~.43),GNAT (r=.23~.48) ともに,他の認知課題と比較して高い信頼性が確認された。また課題への慣れに関しては, IATは複数回の実施により反応速度は速くなるがIAT得点に有意な変化はないこと,GNATは反応速度にもGNAT得点にも有意な変化は生じないことが示された。これらの結果から,IAT,GNATの測度としての信頼性と今後の課題を考察した。

Journal Title
広島国際大学心理臨床センター紀要
Issue
4
Spage
12
Epage
20
Published Date
2006-03-20
Publisher
広島国際大学心理臨床センター
ISSN
1348-2092
NCID
AA12125734
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Old URI
Set
hirokoku-u