糖を標的としたGd-DTPA系錯体の合成とそのT1緩和能

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hirokoku-u/metadata/5023
ファイル
タイトル
糖を標的としたGd-DTPA系錯体の合成とそのT1緩和能
別タイトル
Synthesis and T1 relaxivity of Gd-DTPA type complex targeting to sugars
著者
氏名 井出本 清彦
ヨミ イデモト キヨヒコ
別名 Idemoto Kiyohiko
氏名 笛吹 修治
ヨミ ウスイ シュウジ
別名 Usui Shuji
キーワード
磁気共鳴イメージング
造影剤
ガドリニウム錯体
T1緩和能
抄録

To develop MRI contrast agents targeting to sugars, a ligand which introduced boric acids into diethylenetriaminepentaacetic acid(DTPA) frame as the binding sites was synthesized. After converting the ligand into the Gd complex, the T1 relaxivity was measured using polysaccharide or gelatin gel phantoms. Consequently, the Gd complex having boric acids shows a larger relaxivity to the polysaccharide gel compared with those of Gd-DAPA.

掲載雑誌名
医療工学雑誌
1
開始ページ
37
終了ページ
44
出版年月日
2007/03/15
出版者
広島国際大学大学院総合人間科学研究科医療工学専攻
ISSN
1881-9265
NCID
AA12217173
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
ソートキー
4
旧URI
区分
hirokoku-u