首都圏における混住化動向に関する考察 : 1980年・1990年の比較から

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hirokoku-u/metadata/7854
ファイル
タイトル
首都圏における混住化動向に関する考察 : 1980年・1990年の比較から
別タイトル
STUDY ON TENDENCY OF THE COEXISTIG PHENOMENA IN TOKYO METROPORITAN AREA : Through the comparison between 1980 and 1990
著者
氏名 坂本 淳二
ヨミ サカモト ジュンジ
別名 Sakamoto Junji
氏名 鎌田 元弘
ヨミ カマタ モトヒロ
別名 Kamata Motohiro
キーワード
混在化
マクロスケール
類型化
首都圏
coexisting phenomena
macro scale
typology
tokyo metroporitan area
抄録

The purpose of in this paper is to comprehend recent characteristic of coexisting phenomena in Tokyo Metropolitan Area. As a result, we extract 3 areas at spatial structure in macro scale using original 5 types, which are dirived from index of population among municipalities. (1) "DYNAMIC ZONE" which is defined as a "city" on planning theory. (2) "STATIC AREA" which is define as a traditinal "rural area". (3) "STABLE MIX ZONE" which is defined as a "ruban area" on planning theory. In this area, it is necessary to balance city and rural (or agricultural) planning.

掲載雑誌名
日本建築学会計画系論文集
479
開始ページ
149
終了ページ
158
出版年月日
1996-01
出版者
日本建築学会
ISSN
13404210
NCID
AN10438548
本文言語
日本語
資料タイプ
学術雑誌論文
著者版フラグ
出版社版
権利情報
社団法人日本建築学会 / 本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
関連URL
旧URI
区分
hirokoku-u