欲求の充足に基づく顧客満足測定尺度の信頼性と内容的妥当性および基準関連妥当性の検討 : リハビリテーションサービスにおける調査研究

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hirokoku-u/metadata/8541
ファイル
タイトル
欲求の充足に基づく顧客満足測定尺度の信頼性と内容的妥当性および基準関連妥当性の検討 : リハビリテーションサービスにおける調査研究
別タイトル
Examination of Reliability, Content Validity and Criterion Validity of the Customer
著者
氏名 田中 亮
ヨミ タナカ リョウ
別名 Tanaka Ryo
氏名 戸梶 亜紀彦
ヨミ トカジ アキヒコ
別名 Tokaji Akihiko
キーワード
customer satisfaction
reliability
criterion validity
顧客満足
信頼性
基準関連妥当性
抄録

[Purpose] The purpose of the present study was to examine the reliability, content validity and criterion validity of the customer satisfaction scale based on need satisfaction (CSSNS) that we are currently developing for health care services. [Subjects and Method] Referring to a previous study and our preliminary study, we assumed that customer satisfaction is composed of five needs: competence, autonomy, relatedness to participant, relatedness to service provider and physiological need. A psychologist checked the 19 items we developed for the CSSNS. To examine criterion validity, the following four external criteria were prepared: customers’ satisfaction, intention to return, intention to change, and recommendation to others. The data of 250 subjects using rehabilitation services were used for factor analysis, calculating of Cronbach’s alpha coefficient and correlation analysis. [Results] The results of the factor analysis confirmed the five factors that we assumed in advance. Cronbach’s alpha coefficients showed the high internal consistency of CSSNS and its subscales. The correlation analysis showed a significant positive relationship between total CSSNS score and scores of each criterion. [Conclusion] The reliability, content validity, and criterion validity of CSSNS were confirmed.

〔目的〕本研究の目的は,我々が開発を進めている「欲求の充足に基づく顧客満足測定尺度(Customer Satisfaction Scale based on Need Satisfaction: CSSNS)」の信頼性と内容的妥当性および基準関連妥当性を検証することである。〔方法〕顧客満足の下位概念として「有能さの欲求の充足」「自律性欲求の充足」「参加者との関係性欲求の充足」「担当者との関係性欲求の充足」「生理的欲求の充足」を想定した。CSSNSに含める計19項目を作成し,項目内容について心理学の研究者からチェックを受けた。外的基準として全体的満足度,施設の利用意向,施設の変更意向,他者への推奨意向を測定した。リハビリテーションサービスの利用者250名のデータを用いて,探索的因子分析,信頼性分析,相関分析を行った。〔結果〕探索的因子分析の結果,想定された5因子が抽出された.信頼性分析の結果,下位尺度のα係数は .799以上であり,CSSNS全体は.882であった。相関分析の結果,CSSNSの合計得点と各外的基準の得点との相関係数はすべて有意であり,相関係数は.325から.452の範囲にあった。〔結論〕以上より,CSSNSの信頼性と内容的妥当性および基準関連妥当性が検証された。

掲載雑誌名
理学療法科学
24
4
開始ページ
569
終了ページ
575
出版年月日
2009
出版者
運動生理研究会
ISSN
1341-1667
NCID
AN10472896
本文言語
日本語
資料タイプ
学術雑誌論文
著者版フラグ
出版社版
権利情報
本論文の著作権は理学療法科学学会に属する
本文データは学協会の許諾に基づきからJ-STAGEから複製したものである
関連URL
旧URI
区分
hirokoku-u