欲求の充足に基づく顧客満足測定尺度の因子的妥当性の検討 : リハビリテーションサービスにおける調査研究

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hirokoku-u/metadata/8542
ファイル
タイトル
欲求の充足に基づく顧客満足測定尺度の因子的妥当性の検討 : リハビリテーションサービスにおける調査研究
別タイトル
Examination of the Factorial Validity of the Customer Satisfaction Scale Based on
著者
氏名 田中 亮
ヨミ タナカ リョウ
別名 Tanaka Ryo
氏名 戸梶 亜紀彦
ヨミ トカジ アキヒコ
別名 Tokaji Akihiko
キーワード
顧客満足
尺度開発
因子的妥当性
customer satisfaction
scale development
factorial validity
抄録

[目的]本研究の目的は,我々が開発を進めている「欲求の充足に基づく顧客満足測定尺度(Customer Satisfaction Scale based on Need Satisfaction: CSSNS)」の因子的妥当性を検証するために,検証的因子分析を行って因子構造モデルの適合度を検討することである。[対象]対象は,リハビリテーションサービスの利用者311名とした。[方法]CSSNSの因子構造モデルとして仮定した斜交モデル,直交モデル,二次因子モデルの適合度を検討するために,構造方程式モデリングによる検証的因子分析を行った。[結果]分析の結果,モデル適合度の絶対的指標であるCFIとRMSEAが基準値以上を示したモデルは,斜交モデルと二次因子モデルであった。さらに,モデル適合度の相対的指標であるAICを比較した結果,斜交モデルは二次因子モデルよりも適合が良いことが示された。[結語]CSSNSの因子的妥当性は斜交モデルにおいて検証された。

[Purpose] The purpose of the present study was to examine the factorial validity of the Customer Satisfaction Scale based on Need Satisfaction (CSSNS), which we are currently developing for health care services. [Subjects and Methods] To examine the fitness of the oblique model, the orthogonal model, the second-order factor model, and Structural Equation Modeling (SEM) were conducted with the data of 311 subjects who use the rehabilitation service. [Results] The results of the SEM showed that the Comparative Fit Index (CFI) and Root Mean Square Error Approximation (RMSEA) of the oblique model was as good as the second-order factor model, and that Akaike’ Information Criterion (AIC) of the oblique model was better than that of second-order factor model. [Conclusion] From the above stated results, the factorial validity of CSSNS was confirmed for the oblique model.

掲載雑誌名
理学療法科学
24
5
開始ページ
737
終了ページ
744
出版年月日
2009
出版者
運動生理研究会
ISSN
1341-1667
NCID
AN10472896
本文言語
日本語
資料タイプ
学術雑誌論文
著者版フラグ
出版社版
権利情報
本論文の著作権は理学療法科学学会に属する
本文データは学協会の許諾に基づきからJ-STAGEから複製したものである
関連URL
旧URI
区分
hirokoku-u